初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

富士通 ブロックチェーン アセットサービスを開始 台湾ではファミリーマートと実証実験

投稿日:

ikeです。

 

本日は富士通がブロックチェーンの技術を使ったサービスの販売を開始したニュースについて記事にしたいと思います。

日本のIT企業の中では率先してブロックチェーンや仮想通貨の技術を活用していると感じる富士通ですが、今回は仮想通貨を販売するのでなく、

ブロックチェーンの技術を使って、観光地や商店施設などの特定地域で利用可能なデジタルポイントやクーポンの流通の仕組みを提供するクラウドサービス

「ブロックチェーンアセットサービス」の販売を6月6日よりスタートさせました。

富士通公式サイトのブロックチェーンアセットサービスの紹介ページはこちら:http://www.fujitsu.com/jp/services/infrastructure/network/blockchain/asset/

本サービスにより、利用者は、特定の地域内に設置されたQRコードなどをスマートデバイスで読み込むことで獲得できる、デジタル化されたポイントやスタンプを取得し、特定地域内の店舗や商業施設で使用することが可能なクーポンなどに変換することができます。また、ブロックチェーンの分散台帳上に記録されるポイントやスタンプ、クーポンなどの取得・使用データを利用者情報と紐づけて分析することができます。

ちなみに月額費用が150万円から。販売目標は、2020年度末までに累計100件 個別で見積もりをするという内容ですね。

公式ホームページより引用させていただきましたが、

スマートフォンアプリ等でポイントやスタンプをためて地域で使うことにより地域活性化につなげようという試みという事です。

利用する側だけでなく、提供する側もブロックチェーンの分散台帳からは、ポイントの取引情報が分かったり、ログイン連携機能を使うと、年齢や性別などの個人を特定しない範囲での利用者情報が分かるようになります。これらをひも付けて管理することで、利用者の嗜好や行動など詳細な分析が可能になり、今後の事業の方向性等を簡単に分析することができるようになります。

個人的にはお店ごとのスタンプカードやクーポンや、ポイント、本当に多すぎていやになります。財布がすぐパンパンになります。

レシートなんかもブロックチェーンの技術で一元管理委できませんか?できるのかな?めったに行かない店舗でも「ポイントカード作りますか?」と言われて

もったいないと思いながらも断ったり。無駄が多いなあ。っていつも思います。

病院の診察券も同じように思います。子供がいる家庭では何枚あることやら。

さて、話がそれましたが、特定の地域でスタンプやポイントがためられて、その地域での利用ができるクーポンに変換できるって、とても便利だと思います。

そして、この技術はすでに4月から台湾のファミリーマートで実証実験が行われていて、その成果が出た事で今回販売することにつながったといえますね。

日本のファミマはTカードと提携していますが、どうなるんでしょうかね。スマホで色んなポイントが管理できるように早くなってほしい!

そして、このサービスを実際に触れるチャンスがあります。富士通は

6月13日(水曜日)から6月15日(金曜日)に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「Interop Tokyo 2018」に出展します。

https://www.interop.jp/

公式ホームページを見ますと、ネット分野の様々な企業が出展して、最先端の技術を実際に触れたり見たりすることが出来るようです。

面白そうで、個人的には結構興味があります。

 

富士通と言えば、以前にIOTAと提携、lotの技術のニュースでも以前記事にしました。

IOTA 富士通と提携 Tangleについて

日本のIT企業のニュースが少ない中、結構頑張っているイメージがありますね。パソコンはいつも富士通!と決めて購入しているのですが、

こういう新しい分野でも名前をニュースで見かけるとうれしくなります!

今回の記事は以上です!本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。