初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

ADA Bithumb 取引所

EMURGOとは? ADA 韓国最大手取引所 Bithumbへ上場を発表 Bithumbとはどんな取引所?

更新日:

ikeです。今回はEMURGOがADAが韓国最大手取引所 Bithumbへ上場を発表したニュースについて記事にしたいと思います。

EMURGOとは

EMURGOとは、株式会社 EMURGO(エマーゴ)という東京に本社をもつ会社です。

事業内容は“CADANO(カルダノ)”に特化したブロックチェーン技術の提供、および投資・育成事業を行う会社です。

カルダノのブロックチェーン技術を用いたベンチャー企業への投資や技術提供を通じて、カルダノのエコシステムを構築し、

業界にイノベーションを起こすビジネスパートナーへと発展させる使命を持っています。

設立は2017年で、東京・渋谷にメインオフィスを置くほか、香港にアクセラレーションプログラム、ベトナムに研究開発センターを設立。積極的なM&Aを通じて、韓国やインドネシアなどアジア各国への進出も進めています。

今回のニュース、ADAが韓国の取引所に上場するニュースにこの「EMURGO」という言葉が入っていて、???この「EMURGO」って何だろう?って思った人も多いのではないでしょうか?(お恥ずかしながら私もその一人です)

代表取締役を務める児玉健氏は2014年にファイナンシャルプランナーの資格を取得後、ビットコインをはじめ、仮想通貨の可能性を感じ、啓蒙活動を続け、

2015年には、CADANO財団のマイケル・パーソン氏やInput Output社のチャールズ・ホスキンソン氏らとカルダノプロジェクトを発足し、CGG Limitedを創業した。

そもそもADAのカルダノプロジェクト自体がスイスのカルダノ財団、英国のIOHK、そして日本のEMURGO(エマーゴ)の3社の合同プロジェクトです。

こういう創業時からのつながりのある会社なんですね。

(ちなみにIOHKは、2015年、革新的なP2P技術を利用して、銀行口座などを持たない30億人もの人々に金融サービスを提供することを目的に、チャールズ・ホスキンソンとジェレミー・ウッドが設立したテクノロジー企業です。チャールズ・ホスキンソンさんも有名な方ですよね。)

 

韓国のBithumb(ビッサム)とは

Bithumbとは、韓国の大手取引所で、最大手と言っても過言ではない取引所です。

韓国国内取引量の約60%も占めている取引所という事ですので、人気の高さがうかがえますね。

公式サイトはこちら:https://www.bithumb.com/

公式サイトを開けますと、上記の様な画面になります。

日本語にも対応していて、このコピー画面にあるように、現在3000ビッサムキャッシュという通貨を至急してもらえるようです。

2014年創業の取引所ですので、仮想通貨取引所の中ではなかなか老舗といっても良いのではないでしょうか?

世界中で400万人以上のユーザーがBithumbのサービスを利用しており、その額は、2017年で一日の取引量6.5兆ウォン、従業員700人に達しています。

かなり大手の取引所といえますね。

14日に上場してからのADAのチャートを調べてみました。

14日の上場直後、少しチャートが上昇している様に思いますが、その後少し下がっていますね。

そんなビッサムに6月14日上場をしたADA。既にチャートにも上がっていますね。

現在取り扱いしている通貨は、

6月16日原罪、全てで36種類にも及びます。なかなか多い取り扱いの数だと思います。

今回、新しく扱う事になったADAの取引ペアはADA/ Korea Wonとなります。

個人的な感想としては、ADAを少しながらも保有している者としては着実にいろんな取引所に上場していき、プロジェクトを進めているように

感じるので、とても楽しみにしています。もちろんADAの価値が上がることもうれしいですし、今後プロジェクトがどのようになり、どう進んでいくのか。

その流れも楽しみたいと思う仮想通貨プロジェクトの一つです。

 

今回は以上です。次回はBithumbへの口座開設を記事にしたいと思っています!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

-ADA, Bithumb, 取引所

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。