初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

仮想通貨 金融庁が金商法へ移行を検討 金商法とは? 好材料? 調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回は日本の金融庁が仮想通貨を改正資金決済法から金融商品取引法(いわゆる金商法)へ移行を検討というニュースについて記事にしたいと思います。

産経新聞が報道したニュースなのですが、まずは漢字が続きますので、一つずつ分解していきましょう(笑)

改正資金決済法とは

そもそも仮想通貨に対して改正資金決済法が適応されたのは、2017年4月1日約1年前となります。

仮想通貨は、物理的実体がなく、かつ現金を裏づけとしない固有の経済的価値を有することから、「サイバー金(銀)地金」が最も近いのではないかと考えられて、この法律に組み込まれました。

「物」扱いに近いですね。

仮想通貨は、特定の発行者が存在しないため、価値を記録した情報が消失すれば消滅してしまう。

そのため、保有者が自主管理している仮想通貨は、消滅した場合には当然ながら誰からも補償は受けられないことになります。

一方で、保有者が第三者に保管を委託している仮想通貨が、当該保管受託者の過失により消滅した場合には、当該保管受託者が賠償責任を負うことになるが、当該保管受託者に資力がない場合には、結局十分に補償を受けられない可能性もある。

これは現在の中央集権型取引所も当てはまりますね。

このような事態を可能な限り防止するため、情報の安全管理措置(改正資金決済法第63条の8)や

、業務を第三者に委託した場合の委託先に対する指導(改正資金決済法第63条の9)が仮想通貨交換業者に義務付けられています。

他人の仮想通貨を管理する行為は、仮想通貨の売買や交換等に関して行う場合に限り仮想通貨交換業となるので(改正資金決済法第2条第7項第3号)、単に管理を受託するだけの場合(例えば、ウォレット機能のみを提供するような場合)は、当該管理受託者は仮想通貨交換業者としての登録は不要であり、これらの義務も適用されないことになる。

最近のニュースでHuobiが日本人向けの売買サービスを停止しましたが、ウォレットとしての機能は継続しています。これはこの改正資金決済法でいう上記の赤い部分が当てはまるためだと考えられます。

では、移行されると言われる金融商品取引法はどのようなものでしょうか。

金融商品取引法とは

金融・資本市場をとりまく環境の変化に対応し、利用者保護ルールの徹底と利用者利便の向上、「貯蓄から投資」に向けての市場機能の確保及び金融・資本市場の国際化への対応を図ることを目指し、平成18年6月7日、第164回国会において、「証券取引法等の一部を改正する法律」(平成18年法律第65号)及び「証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」(同第66号)が可決・成立し、 平成18年6月14日に公布されました。

(金融庁ホームページより一部抜粋)

つまり、先ほどの改正資金決済法の法はどちらかというと「物」所有物に対しての法でしたが、

金融商品取引法は「投資」についての法。その投資している資本の国際化への対応も図るとありますので、今までよりも自由に取引ができるようになるのでは?

又、ikeが一番期待しているのは「税金」ですね。

今までですと、仮想通貨の税金は利益に対して1000万以上の利益になれば3割~5割は税金で消えるという計算です。

それが、金融商品取引法になりますと、FXや株と同じ税率、20%への検討が進むのでは無いかと言われて居ます。

ikeは以前ネット証券で少し株をしていたことがありましたが、税金は勝手に引かれるし、計算もしやすく、自分がどの位もうかったか計算も取引所がレポートを送ってくれてとても楽でした。

ところが仮想通貨はその辺りがとてもわかりづらく、今年始まってすぐの確定申告謎が多かったです。質問攻めです(笑)

今後は上場投資信託(ETF)などさまざまな金融商品が誕生へハードルが下がる事ことも予想され、仮想通貨の取引量が増える(リクイディティが高まる)など、業界にとってのメリットも大きいとされています。

さて今回のニュース、あくまでも「移行へ」という決定事項ではないので日時も未定ですが、法整備が進むにつれて新規参入は間違い無くしやすくなりますし、良い方向へ進んでほしいものです。

 

ちなみに

金融商品取引法について詳しく確認したい方は金融庁のホームページに沢山乗っています。

私もしっかり目を通して勉強しておこうと思います!

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。