初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

G20 仮想通貨 7月20日 好材料なるか? そもそもG20って?

投稿日:

ikeです。

今回は7月20日に控えたG20について記事にしたいと思います。

仮想通貨ニュースなどで「G20が間近にせまって...」など耳にすることが多いと思いますが、どのくらい影響力があるものなのか、そしてそもそもG20ってなんなのか?

調べてみたいと思います!

そもそもG20とは?

"Group of Twenty"の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。

(ちなみにG7は Group of Seven の略で、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)

構成国・地域は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンである。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域ともいい、NHKでは先進国会合であるG7と区別して先進国に新興国を加えた主要20か国と表現している。

金融・世界経済に関する首脳会合」ともいわれており、世界経済に向けての話し合いが活発に行われる場である。

7月20日の会議に先駆けてG20の国々の規制や、監視を行う国際機関である金融安定理事会FSBが仮想通貨資産の監視のため、新たな枠組みを公開しました。

レポートの中身を確認してみました。

2018年の第1四半期に、FSBは、潜在的な金融安定性の意味を暗号通貨について議論した。 FSBは、現時点では、暗号資産が世界的な財政安定性に重大なリスクをもたらすものではなく、開発およびデータギャップのスピードに照らして注意深い監視をサポートすることに合意した。 FSBメンバーは、脆弱性評価常任委員会(SCAV)とCPMIが協力して潜在的な指標を特定することに焦点を当て、暗号資産に関連する財務安定性リスクを監視するためのフレームワークを開発するよう要請した。 FSBプレナリーは、バーゼルでの6月の会合でこの枠組みを承認した。この枠組みの目的は、新たな金融安定懸念を適時に特定することです。この目的のために、利用可能な場合は公開された情報源からのデータを使用して、そのようなリスクを強調する可能性が最も高いリスク指標を含みます。暗号資産に関連する監視データは潜在的により信頼性が高く、公的情報源からのデータを補完することができる。このフレームワークでは、暗号資産と潜在的な伝送チャネルの主要なリスクについて、財務安定性のリスクについて説明しています。このフレームワークは、短期的に中期的にFSBが有用に監視するメトリクスと、さらなる洞察を提供するかもしれないが実装に時間がかかるいくつかのモニタリング目標を特定しています。

少し翻訳がむつかしい表現もありますが、まとめると仮想通貨については世界的に財政の安定性に対して重大なリスクはないので、今後規制していくわけでは無く、注意深く監視しつつもサポートしていくことで合意したとありますね。

この枠組みがG20に先駆けて公開されたことにより、市場は安堵感と「いいんじゃないの?」という感がでて本日久しぶりにビットコインが80万円に行きました。

20日の会議の内容によってはこれよりも好感のもてる発表があることも考えられるので、久しぶりに大きな明るいニュースが続いているので期待されていますね。

G20の際にどんな発表があるのか。また追って記事にしていきたいと思います。

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

 

 

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。