初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

Google 未分類

Googleが ブロックチェーンサービス Digital Asset社および、BlockApps社とブロックチェーン企業と提携 このニュースから見えるもの

更新日:

ikeです。

まだ7月だと言うのに暑い日が続いていますね。皆様お体ご自愛ください!

今回はGoogleがブロックチェーン企業2社と提携したというニュースについて記事にしたいと思います。

Googleは自社サービスGoogle Cloud上でブロックチェーンフレームワークを提供することを発表しました。その技術提携先がDigital Asset社および、BlockApps社です。

では、一つずつ紐解いていきましょう。

Google cloudサービスとは?

そもそもGoogle Cloud サービスとは何なのでしょうか?

公式ホームページ:https://cloud.google.com/why-google-cloud/

「cloud」の意味もある程度理解してないとわかりにくいです。

元々の意味は「雲」とか「集合体」とか言いますね。googleのcloudサービスロゴを見ても確かに雲っぽいです。

iphoneユーザーの場合、「icloud」という言葉を聞いたことがあると思います。

iphoneでは自分のiphone内のデータ(写真や電話帳その他)をこの「icloud」に保存することができます。

保存と言っても携帯内では無く、雲の上、つまり別のインターネット上に保存することができます。形として見えないのでわかりづらいのですが、雲の上で保存してくれていると思えばいいです。

その事によりiphoneが壊れても、間違って写真を消してしまっても、「icloud」に保存しておけばいつでも復元することができます。(事前に多少操作が必要です)

このようにデータをインターネット上に保存できる事でパソコンですといつでも外出先でデータを更新することができますし、違うパソコンからも更新することができる。

こういうサービス全般、データやサービスを「雲の上」から提供してくれるものが「cloud」サービスと考えると良いと思います。

Google以外の企業(先述のiphoneでいうアップル社)もcloudサービスを提供しています。

このcloudサービスに追加でブロックチェーンフレームワークを提供すると発表したと言うことですね。

ブロックチェーンフレームワークとは?

まず、ブロックチェーンについて。非中央集権の分散型台帳技術、または分散型ネットワークのこと。人の手によって改ざんされず、信頼性が高いため、仮想通貨以外でも煩雑な契約自動化によるコスト削減など、幅広い用途での活用が期待されている。

フレームワークとは簡単に訳せば「枠組み」ですので、ブロックチェーン技術の枠組みをユーザーに提供すると言うことです。

上にあるように、仮想通貨以外にもブロックチェーン技術は今後活用が期待されていますので、Google Cloudサービスを受けている個人、企業は便利に活用できる可能性が高いです。

 

Digital Asset社とBlockApps社

Digital Asset社について。

公式ホームページ:https://www.digitalasset.com/

アメリカ、NYに本拠地のある企業です。

既にDigital Asset Platformという自社開発のプラットフォームがあります。

Accenture、Broadridge、IBM、PwCと戦略的ビジネス関係を結んでおり、Digital Asset Platformと革新的なアプリケーションスイートの導入と展開を促進し、迅速化します。

BlockApps社について

公式ホームページ:https://blockapps.net/

こちらもアメリカNYブルックリンにある企業です。

そしてBlockApps STRATOというブロックチェーンプラットフォームを提供しています。

単純なダッシュボードでブロックチェーンのバックエンドを管理することができるサービスも提供しているそうです。

主な提携先にマイクロソフトの名前がありました。世界で一番古いと言われるブラジル銀行の名前も。

たまたまなのかわかりませんが、この二つの会社、ロゴのイメージ、色似ていますね。本拠地もNYです。何か関連があるのかな?どうでしょう?

(色々調べてみましたが力不足で確認できず。すみません。)

まとめ

このニュースを最初に見たときにGoogleが仮想通貨業界に参入?そしたら注目を受けるコインは何だろう?などと思いましたが、

あくまでもブロックチェーン技術のサービスをcloudサービス上で行うというニュースでしたね。

提携先の2社についても自社オリジナル通貨があるわけではなさそうです(ホームページ等チェックしました)

ただ、Googleのcloudサービスは公式ホームページを見てみますとSONYやキューピー等多彩な大手企業が活用していることがわかりましたので、

想像が膨らみますね。

今年も後半に入り大きなニュース、大手参入のニュースが沢山出てきました。

情報に乗り遅れない様にしっかり勉強していきたいと思います!

今回の記事は以上です!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

-Google, 未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。