初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

取引所 コインチェック

コインチェック 8月中に再開か? マネックス 松本CEO発言に注目してみました

投稿日:

ikeです。

今回はコインチェックが8月中に再開するかも?というニュースについて記事にしたいと思います。

マネックス松本CEOの発言

ご存知の方も多いと思いますが、コインチェックは不正アクセスによりNEM流出事件を起こしてしまい、現在業務を再開していません。

その時の記事はこちら

コインチェック 580億円分のNEM盗難にあう?

これが今年の1月末に起こった事件でした。事件直後記者会見をし、逃げず隠れず対応していた姿が印象的でした。

その後、出金が再開され、NEM保有者に対しては日本円で返金対応するなど、一つずつ再開に向けて動いていると思った矢先、

インターネット証券会社大手のマネックスの業務協力を受けて、早ければ6月中には再開するのでは?と思われていました。

ですが、6月も過ぎ、もう7月もあと数日。どうなるのか?と思っていた矢先、

松本氏が7月27日に行われたマネックスの決算説明会で

「いつでも再開できるようにしている。8月には本登録を受けたい」

と発言している事から、金融庁の許可早く!の状態と思われます。

再開に向けての動き

金融庁の許可が下りるのをじっと待っているわけではないようです。

マネックスは米フロリダ州に新会社「トレードステーションクリプト」を設立しました。仮想通貨取引業に参入のために調査中と発表しました。

ニューヨーク州のビットライセンスをはじめ、全米各州でのライセンス取得に既に取り組んでいることも明らかにしました。

松本氏は元々、東大卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。債券トレード、デリバティブ取引などに従事したのち、マネックス証券を設立という経歴の持ち主。

アメリカでの仮想通貨取引所進出もうなずけますね。

そして、今回発表した決算内容にもチェックする点が。

以前、マネックスグループが4月26日に発表した18年3月期決算では、コインチェックの売上高は626憶円、営業利益は537億円と、驚異的な利益率を見せていた。

この事は世間に「仮想通貨取引所はすっごいもうかるんだ!!」という衝撃を与えたニュースだと思います。

ですが、今回、7月27日に発表した18年4―6月期税引前損益は2億5900万円の損失だったと発表した。コインチェックは新規ユーザー登録とサービスの一部を停止していますし、管理態勢強化やセキュリティでのハード・ソフト両面への投資でコスト増になったためとしている

2億5900万円の損失といわれてもこの前は営業利益537億あったんだよね...。と思いますが、この損失分はセキュリティ等会社の設備投資に使われたという事なのでちゃんと行動に移しているんだなと

数字からも見て取れると思います。

また、仮想通貨交換業はセキュリティ技術などに高い技術が必要な「高度技術集積産業だ」とも発言されています。

仮想通貨取引所への参入にハッカー対策などの高度技術が必要ですし、今後はセキュリティ技術の高い仮想通貨取引所のみが生き残っていくということですね。

まとめ

松本氏は今回以下の様な発言もしているとあります。

「仮想通貨マーケット自体についてはまだ戻ってくる」

「新しい通貨の追加や新サービスも必要だ」

この発言につてはコインチェックの再開に向けての準備にはかなり自信をもっていると感じますし、再開してからは新しいサービスや通貨も必要と発言していることから、

守りに入らず攻めに行くんだろうな。と思いませんか?

NEMの事件前はコインチェックは日本で一番ビットコインの取引量がある取引所でしたので、再開を待ちわびている人も多いです。

7月も後半に入りビットコインの相場も少しずつ良い兆しが見えてきたので、私も再開を楽しみにしたいと思います!

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

-取引所, コインチェック

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。