初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

BitcoinCash マイニング Bitcoin

ビットメイン IPO 香港株式市場へ上場か? どんな会社?

投稿日:

ikeです。

今回はマイニング最大手のビットメインが香港株式市場へIPO予定というニュースについて記事にしたいと思います。

ビットメインとは?

公式ホームページ:https://www.bitmain.com/about

設立:2013年

本社:中国、北京(アムステルダム、香港、テルアビブ、青島、成都、上海、深センにオフィスあり)

創業者:ジハン・ウー

ジハン氏 ツイッター:https://twitter.com/JihanWu

事業内容:BitmainのASICチップ技術を使用して世界をリードするビットコインマイニングを開発して販売するために設立されました。

高品質で効率的なコンピューティングチップ、高密度サーバー装置、大規模並列コンピューティングソフトウェアの開発に専念しています。

(公式ホームページより抜粋)

IPOの為に資金調達

IPOとは、Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)の略です。

新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。

株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。

人気のIPO商品は購入したくても抽選になる事が多いのですが、今回のビットメインは何倍の倍率になるかも注目されます。

ソフトバンクとテンセントから資金調達を実施、年内に香港証券取引所に上場する目標だと報じられています。調達後の時価総額は約150億ドル(約1.5兆円)です。

ユニコーン企業ってご存じですか?

ユニコーン=レア生き物

巨額の利益を生む可能性のある非常にレアな価値のある企業として“ユニコーン”という想像上の生き物の名前が冠されています。

ユニコーン企業の定義として10億ドル以上かつ非上場のベンチャー企業を指します。

今回、ソフトバンクとテンセントからの資金調達後の時価総額は約150億ドル(約1.5兆円)と言われており、どれだけ「レア」か。と言うことがおわかりいただけると思います。フェイスブックをしのぐ市場最大規模のIPOとも言われています。

Bitmainはマイニング市場の8割以上を占めており、ほぼ独占的な状態です。

それが故の仮想通貨業界に対しての影響もかなりあるといえ、以前には昨年8月のビットコインとビットコイン・キャッシュの分裂問題や、その後のSegwit2X(ビットコインの仕様を変更する案、その後未遂に終わっています)をめぐっては、自社の大きなハッシュレートをどこに振り向けるかどうかで影響力がかなりありました。

今回IPOを実施するにあたり、会社のクリーンさ、透明性をアピールしなければ上場する事はできないため、ポリシーを公表するなど、自社の内容を公開する動きが見られています。

ビットメインとビットコインキャッシュ

ビットメイン社は元々ビットコインキャッシュ支持の企業と言われて居ました。

それを表すかの様に、今年3月までに5万BTC近くを売却、BCH保有割合の増加も明らかになりました。

ビットコインのマイニング企業であるビットメインがビットコインキャッシュの保有を増やしている点については批判的な声も聞かれますが、採掘の多角化を目指しているという点から行くと問題であるとはいえない状況だといえますし、その動きをみて、キャッシュの値段がまた反応する可能性もあります。

上場時期

2018年中を目標としていると報道にあります。

上場が確定しましたらまた大きくニュースになると思われますので、詳細を追って記事にしていきたいと思っています。

仮想通貨関連の企業が上場すると言うのは初めて?では無いかと思いますので、これが確定すれば仮想通貨自体の信頼度も高まるといえますので、

期待したいと思います!

今回の記事は以上です。

最後までおよみいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

-BitcoinCash, マイニング, Bitcoin

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。