初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

ETF

SEC ビットコインETF 9つをまとめて拒否 その内容は? 今後の動きも 調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回はビットコインのETF申請が9つまとめて拒否されたニュースについて記事にしたいと思います。

先日より立て続けに申請し、拒否され続けているSECへのビットコインETF、ProShares が申請していた2種類びのETFの可否が8月23日に出されると

言うことで市場も見守っていましたが、ここに来て、ProShares 以外の

Direxion(5種類) (9月21日可否予定でした。)

GraniteShares(2種類) (9月15日可否予定でした。)

この全部で9つの申請を非承認と報告しました。

非承認されたProSharesの場合の文章のピックアップ部分がこちら

"...the Commission is disapproving this proposed rule change because, as discussed below, the Exchange has not met its burden under the Exchange Act and the Commission's Rules of Practice to demonstrate that its proposal is consistent with the requirements of the Exchange Act Section 6(b)(5), in particular the requirement that a national securities exchange's rules be designed to prevent fraudulent and manipulative acts and practices."

翻訳してみました。

取引所法および欧州委員会規則の下で、その提案が取引法セクションの要件と一致していることを証明するための負担を満たしていないため非承認とする。
・特に国家証券取引所の規則が詐欺的行為や行為行為を防止するように設計されていること。

この文章、内容はウィンクルボス兄弟の提出したETFが非承認になった時とほぼ同じ内容でした。

ちなみにウィンクルボス兄弟の提出したETFの非承認理由が

・監視分担契約がない

・取引所に登録されたマーケットメーカーだけトレードの情報を見ることができる仕様では不十分

・ETFと現物価格の剥離を小さく押さえることができない恐れがある

・gemini(ウィンクルボス兄弟の取引所)のビットコイン出来高が不十分

という内容でした。

ウィンクルボス兄弟の申請が非承認になった際はかなりビットコインの現物価格に影響がありましたが、今回の発表は「やっぱり今回もだめだったか」といった

投資家の向きが大きかったからかそれほど価格に影響はありませんでした。

本日9件のETF申請が非承認になったことで、現在、CBOE版のビットコインETFのみ承認待ちとなっています。

CBOEのETFの可否は9月30日まで延長されていて、いつ可否の発表があるのか。こちらも注目されています。

今後は?

フィンテック関連法律専門の法律事務所Polsinelli PCの理事長であるRichard Levin氏は、SECがProShares版を通す見込みは薄いと考えを示していたものの、今後も続くビットコインETFの可否判断発表の中で、SECは認めるのではないだろうかと言及しています。

ikeも個人的に非承認になった理由を改善し、再度申請されれば、そのうちSECは認めざる得ない状況になると思いますし、それは時間の問題だろうと思っています。

承認してしまえば、どんどん色んなETFが参入してくるのは間違い無いですし、それを警戒しているであろう現状も素人ながら理解することはできます。

今後も目が離せないETHの可否ニュース。都度記事&ニュースとして発表していきたいと思います。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき有り難うございました!

 

 

-ETF
-

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。