初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

LINE

LINE LINK TOKEN LINK Pointを発表 独自ブロックチェーンでコインの発行

投稿日:

ikeです。

今回はLINEがLINK TOKENという独自ブロックチェーンでコインの発行をするというニュースについて記事にしたいと思います。

LINEについて

スマートフォン,タブレット,PCなどで利用できるアプリケーションの一つである。グーグルのAndroidやアップルコンピューターのiOS,マイクロソフトのWindows Phoneなどを搭載している端末に提供されている。このアプリケーション自体は無料で,通話やチャットを行いたい相手同士で通信キャリアや端末を問わず,インターネット電話やテキストによるチャットを行うことができる。複数人でのグループ通話にも対応している。韓国のIT企業であるNHNの日本法人LINEの検索ポータルサイトNAVER(ネイバー)が,2011年6月から提供を開始,サービス開始からわずか1年7ヵ月で登録ユーザー1億人を突破,記録的な拡大を続けている。
(コトバンクより一部引用)

そんなLINEが8月31日、

「LINE Token Economy」を発表しました。

「LINE Token Economy」とは

「LINE Token Economy」のホワイトペーパーはこちらから:https://link.network/html/en/about.html

LINE独自で発行したコインを用い、自社・他社サービスを利用できる「LINKエコシステム」を構築する考えですが、

日本向けには、LINEポイントと交換できる「LINK Point」を発行するそうです。

同社が独自開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤に、日本向けの「LINK Point」と、海外向けの「LINK」という2つのコインを発行。LINK Chain上で展開される分散型サービス(dApps)の利用などに使えるようにする。 両コインとも、LINEの既存サービス上でのアクション内容や貢献度に応じたインセンティブとして付与する計画。LINK Pointは、LINE上で1ポイント=1円として使える「LINEポイント」と交換できるようにし、LINEサービス上でのユーザー行動を促す考えだ。発行時期は未定。

一方、LINKは、LINEが日米以外の居住者のみに提供している仮想通貨交換サービス「BITBOX」ユーザーにも9月4日から無償配布する。LINKはBITBOXに上場させ、他の仮想通貨との交換も可能にする計画となります。

両コインとも、LINEグループでBITBOXを運営しているLINE Tech Plus(シンガポール)が発行する。LINK Pointは公開時点で不特定相手との流通手段を用意せず、「日本の資金決済法で定める仮想通貨には当たらない」

ここでなぜ2種類のサービスを提供するのか、疑問に思われる方も多いかと思います。まず、日本とアメリカ以外の居住者が使用できる仮想通貨取引所をLINEは海外にオープンさせています。

それが、BITBOXという取引所です。

なぜ、日本とアメリカではだめかと言いますと、以前に記事にしていますが、日米の仮想通貨に対する規制が厳しい点にもあると思います。

規制が緩和されるまで待っていては取引所の進み具合に影響が出ると考え、その他の国の居住者は利用可能という形でスタートを切りました。それが今年の7月になります。

その件について記事にしていますので、よろしければ、その時の記事も読んでくださいね。

LINE 仮想通貨bitbox 取引所開設 日本とアメリカ以外

つまり、日本の仮想通貨の規制に合わすには、日本ではpointという形で提供し、今後緩和もしくは許可がおり次第仮想通貨として取引を可能にするため、

ワンクッションおいて、ポイントという形でサービスを提供していると言うことになります。

日本で提供されるLINK PointはほかのdAppサービスで使用することに加え、LINEポイントに交換して使うことも可能。LINEポイントは1ポイントを1円として、LINE Payでの決済やLINEサービスでの購入・決済時に利用できる。

ちょっと回りくどい使い方の様に感じますが、将来許可がおりるまではこういった形でサービスを提供していくものと思われます。

最近では、「LINE LIVE」というものでこのLINEポイントを投げ銭として受け取り、収入を得ている人気者も出てきています。

もしかしたら、ユーチューバーに変わるシステムになる可能性もあります。

今後のLINEのサービスにも注目していく必要がありそうですね!

今回の記事は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

-LINE

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。