初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類 Bitcoin

日本円テザー誕生? ステーブルコインとは? その中身とは?

投稿日:

ikeです。

今回は日本円テザーが誕生?というニュースについてその信憑性も含めて記事にしていきたいと思います。

テザーって?

テザーとはその名の通り、Tether(テザー)社が2015年2月から発行している、米ドルとペッグ(為替レートをピン止め、つまり連動)した暗号通貨です。

他にもドルとペッグした暗号通貨は先に発行されていましたが、テザーはそれら先行の暗号通貨とは違って発行額と同額の米ドル(リアルマネー)を準備金としてあらかじめTether社が蓄え必要に応じて利用者の引き出しに応じられるようにしておくという形を取っているとされ、それが信頼につながって唯一順調に流通量を増やし、同種の暗号通貨の代表格となった。ただしテザーが真に額面通りの米ドルの裏打ちを持っているかについては疑義を呈する声もある。

(一部ウィキペディアより抜粋)

外国の仮想通貨取引所ではよくテザー(USDT)という表示を見かけると思います。USDT建てで仮想通貨を購入したり、売却したりすることができます。

仮想通貨は需要の増減により相場の極端な騰落が起きますが、テザーに関してはドルと連動しているので、仮想通貨ほどの極端な相場にならないことから、仮想通貨売却時にテザーに逃げるといった使い方をされている方も多いです。

日本版テザー?

日本版テザー、つまり円とペッグした暗号通貨が誕生する?というニュースが発表され、その信憑性も含めて詳しく確認していきましょう。

開発元は中国の巨額ファンドで、日本円の準備金を担保とした価格変動の少ない仮想通貨、ようするに円建てのステーブルコインの開発に向け動き出しているというニュースを中国の情報誌が発表しました。

この巨額ファンド企業がグランドシェア・ブロックチェーン・ファンドという企業です。

この企業のCEO、リ・シャオライ氏は中国の大口投資家として有名な方でEOSという仮想通貨の仕掛人でもあります。

公式ツイッターはこちら:https://twitter.com/xiaolai

グランドシェアテクノロジーグループのサイトはこちら:http://www.grandshorestech.com/en/

信憑性はと言いますと、グランドシェア・ブロックチェーン・ファンド自体の運営に際し100億元(約1600億円)のうち30%が中国の杭州市政府による出資となる。

ここで??と思われる方。わかります。中国は仮想通貨に否定的でICOもできない、取引所で取引もできないじゃ無いかと思われますよね。

個人投資家による取引は禁止していますが、ブロックチェーンの開発にはかなり前のめりに国や市を挙げてすすめているんです!中国は!!

今回の杭州市に関しては、

杭州の中心部には、アントフィナンシャル本社、アリババへ本社があり、アントフィナンシャル本社を通過し車で10分ほど進むと、右手にブロックチェーン産業パークが見えてくる。アントフィナンシャル本社とアリババ本社一帯の未来科技城の中間に位置するこのあたりで、杭州政府がサポートする形でブロックチェーン産業パークが開業しブロックチェーン関連のスタートアップ企業を集めている。アリババ本社とアントフィナンシャル本社の中間に位置する抜群のロケーションで、ブロックチェーン関連企業と共同開発、実験を行うのに最適な場所である。

つまり、杭州市一体がこういう企業の集まり!しかも政府も支援!という環境なんです。

これは信憑性も何も、やるでしょうね。

なぜ中国企業が円?

これも、そう思われる方多いですよね。

今回の報道によると、安定しており、かつ価値の高い日本円のペッグ通貨を作ると言うのはどこがいつやってもおかしくない状態。

ただ、現在日本の金融庁がガッチガチに規制をしているため、日本ではこういう通貨を流通しにくい環境といえます。

じゃあ、こっち(中国)でお先にやっちゃうよ。という事ですよね。。。。あぁもったいない。と思ってしまいます。

しかし、思い出したのですが、三菱東京UFJ銀行が1MUFGコイン=1円というのを開発しているはず。。。。これもペッグコインを目指すとか言ってたな。。。。

でも、日本で認可されるのはもう少し先になりそうです。。。。。

 

今回、調べてみて間違い無く円テザー作られますね。登場する企業や人物で確信を感じました。

この内容から仮想通貨市場がどう動くのか。何がどうなるのか。想像力を働かせつつ、行動していきたいです!

今回の記事は以上です。

最後までお読み頂き有り難うございました。

 

 

 

 

 

-未分類, Bitcoin

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。