初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類 ICO

平井卓也氏 IT担当大臣 ブロックチェーン推進派 仮想通貨業界に追い風か? どんな人物?調べてみました

投稿日:

ikeです。

今日は安倍内閣の第4次内閣改造が発表され、その中でIT担当大臣が平井卓也氏というニュースについて記事にしていきたいと思います。

平井卓也氏とはどんな人物

1958年1月25日 生まれの60歳。香川県高松市に生まれ、上智大学卒業後は電通に努めていました。最終的な前職は西日本放送の社長という人物。

郵政大臣を務めた元参議院議員の平井太郎は祖父。元労働大臣の平井卓志は父。四国新聞社社主平井温子は母。四国新聞社代表取締役CEO平井龍司は弟と

議員、マスコミ系、新聞社とゆかりのある家系といえますね。IT担当大臣というのもうなずける人事だと思います。

選挙活動におけるインターネット利用の解禁に向けて、自民党で中心的な役割を担った人物です。

平井卓也氏の公式ホームページ:hirataku

平井卓也氏の公式ツイッター:https://twitter.com/hiratakuchan

 

2015年1月9日に全面施行された「サイバーセキュリティ基本法」制定の中心人物とされている。法案の制定の目的については、「一番大きなのは、日本の「次の時代」のチャンスを消したくないという思い」と述べ、「ITは変化のスピードが早いので、これまで法律面が全く追いついていなかった。ただ、グローバル情勢を鑑みた時、今このタイミングで何とかしないと日本は将来大きなリスクを抱え込んでしまうことになる。それでIT基本法(高度情報通信ネットワーク社会形成基本法、2000年11月に制定、2001年1月に施行)を補完する形で、サイバーセキュリティ基本法を議員立法として手がけた」としている。

また、高齢化対策としてITを活用が必要だと以前インタビューで発言しています。

IT担当大臣の仕事

IT担当大臣の仕事と言っても政府のIT関連業務はかなり幅広いです。

IT総合戦略室というものがあり、これは、平成12年8月7日に内閣官房に設置された組織です。高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)の事務局の役割を果たすとともに、ITの活用による国民の利便性の向上及び行政運営の改善に係る総合調整等を行っています。

大まかな中身分類は、

  • IT戦略の立案・推進
    ビジョンの構築 府省施策の調整(ヒアリング、確認、連携の推進) 戦略のモニタリング
  • ITガバナンスの強化
    各府省のIT投資計画の確認 府省横断プロジェクトのモニタリング
  • IT戦略推進体制の整備
    マネジメント体制の整備 府省との連携の推進

細かな内容は政府CIO公式ホームページ:https://cio.go.jp/

こういったITの戦略を立てているところの「長」にあたるわけで、IT戦略特命委員長・フィンテック推進議員連盟の会長として今後平井氏は行動することになります。

仮想通貨業界にとってプラス?

先述の通り、「ITはスピードが速い」という事、「日本の次の時代のチャンスを消したくない」と以前発言されていることからも、仮想通貨に対しては肯定的な人物と言われています。

IT関連は票に結びつきにくいとされているため、多くの議員が関心を持たない状態が続いていました。

ITが票に結びつかない=若い世代=政治に関心が無いし、人口が少ない=多くの議員が関心を持たない。

分かりやすい図式。残念な図式です。

しかし、同議員は一貫してITに関わり、「この15年間で、いよいよ本気でITに取り組むべき時期がきたと痛感している」とも述べています。

多摩大学ではICO ビジネス研究会の会長も務めているそうです。このように仮想通貨に対して理解のある人物が入閣したというのはかなりプラスなニュースとikeは考えています。

現在日本では大手と言われている仮想通貨取引所が軒並み新規アカウント登録を停止していたり、売買も停止しているというこれは、異常事態とも言えます。

世界から取り残されているようなこの現状を打破してほしい!と願うばかりです!

 

最後に、若者よ!政治に興味をもって!どんどん投票へいきましょう!!!

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

-未分類, ICO

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。