初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

コインベース

コインベースバンドル 25ドルから 仮想通貨のセット売り開始 バスケット取引 その内容は? コインベース関連その他も

投稿日:

ikeです。

今回はコインベース関連のニュース2種類、「コインベース・バンドル」販売開始と米国大手ヘッジファンドからの巨額の出資を受ける?というニュースについて記事にしたいと思います。

コインベースバンドル

コインベースバンドルとは、米仮想通貨取引所大手のコインベースが新たに発売する商品名で、投資商品としては「バスケット取引」と言われている手法です。

コインベース公式ホームページはこちら:https://www.coinbase.com/

※2018年10月3日現在、登録は可能ですが、コインベースでの取引は日本人はできません。

「バスケット取引」とはその名の通り、バスケットに複数の商品を入れて販売する、いわゆるセット売りというもので、

今回のコインベースバンドルには

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・ビットコインキャッシュ (BCH)

・ライトコイン(LTC)

・イーサリアムクラシック(ETC)

が購入時の時価総額に応じた割合で組み込まれています。

一番安くは、25ドルから購入可能で、数週間後に米国や欧州(英国は25ポンド、その他欧州は25ユーロ)で利用可能になる予定としています。

購入の仕方は

まず、顧客は、どれくらいの仮想通貨を所有したいのかを選択します。

購入時の現在の時価総額を使用して、Coinbaseは利用可能な暗号化通信の多様なポートフォリオを計算し、数回タップするだけで購入できます。

バンドルを購入すると、基礎となる仮想通貨はそれぞれのウォレットに保存され、Coinbaseアカウントの別々の暗号化通貨のように動作します。個々の資産として各通貨を購入、販売、送信、受信することができます。

仮想通貨のバランスは各資産の合計市場価値によって加重されます。

仮想通貨取引が初めての人、何を買っていいかわからない人はもちろん、既に取引をしている人にとっても、購入の仕方、バランス等は勉強になるかもしれませんね。

そして本日コインベースはもう一つニュースがありました。

大手ヘッジファンドからの出資

米国のヘッジファンドであるTiger Global(以下タイガーグローバル)と既存の株主から新たに最大5億ドルの出資を受ける見通しと報じられています。

タイガーグローバルはニューヨークに本拠を置く巨大な投資会社です。

投資送金額は220億ドルといわれており、今回のタイガーグローバルによる出資により、コインベース の企業価値は80億ドル(約9000億円)に到達し、米国のスタートアップの中でもトップクラスに躍り出ることになるといわれています。

タイガーグローバルと言う名前を聞いて、どこかで聞いたことがあるなあと思ったら、今年の7月に日本のソフトバンクの株式が割安という事で10億ドル以上を投資したニュースがあり、それがタイガーグローバルでした。

ソフトバンクが中国のインターネット大手アリババ・ホールディングに保有する持ち分の価値は900億ドル以上増えたにもかかわらず、ソフトバンクの株価は過去5年で上昇していないと指摘。ソフトバンク株は過小評価されているとの見方を示したという。

なるほどと思う理由、裏付けがあっての投資をしている投資会社というイメージなので、今回のコインベースに対しての出資もプラスになるという理由があるという事。そう思う人は多いはずです(笑)

ちなみにソフトバンクの企業価値、870億ドルともいわれています。コインベースの約11倍。ソフトバンクすごい!

話が少しそれてしまいましたが、今回の出資により、コインベースの最近の積極的な動きがより活発になると予想されます。

日本への進出も年内を目標にしていると報道されていました。

こればっかりは金融庁の許可がおりなければどうにもなりませんが、日本の仮想通貨取引所の信用が落ちている今、こういう外国大手が日本に進出すれば、安心感が高まりますよね。

今後にますます期待したいと思います!

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

 

-コインベース

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。