初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

取引所 BINANCE

バイナンス コンテントス  Contentos に出資 その内容とは? 調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回はBINANCE(以下バイナンス)がコンテントスに出資したというニュースについて記事にしたいと思います。

おさらいもかねて、まずはバイナンスについて。

BINANCEとは?

設立:2017年7月

本拠地:マルタ島

まだオープンして1年と数か月の取引所ですが一気にその名前は知れ渡り、今では世界最大の取引所といっても過言ではない仮想通貨取引所です。

以前は中国が本拠地でしたが規制を回避するためにマルタ島へ移転しました。

バイナンスの特徴といえば

・使いやすいインターフェース(操作性が簡単)

・新規登録が簡単(およそ3分程度で取引が可能になります)

・取引手数料が安い(通常は一律で約定額の0.1%)

・独自トークンBNBを使用すると手数料が半分(約定額の0.05%)に。

・しかもその独自トークンが人気で一時当初の200倍になったため、独自トークンのBNBも人気→相乗効果で人が集まり取引も盛ん→BMB売れまくり→プラスのループ中...

というわけです。

ここ最近、バイナンスのBNBコインが人気なので、その影響で仮想通貨取引所では独自トークンを発表する取引所が沢山出ており、バイナンスが仮想通貨取引所を牽引しているといっても過言ではありませんね。

そんなバイナンスの投資部門であるバイナンスラボがコンテンツ配信プロジェクト「Contentos(コンテントス)」への投資を発表しました。

バイナンスラボは、世界最大の取引量による暗号化交換取引であるBinanceが立ち上げたインキュベーター・ソーシャルインパクトファンドで、さまざまな業界を変革するためにブロックチェーン技術を使用しているトッププロジェクトに投資しています。

コンテントスとは

コンテントス公式ホームページ:https://www.contentos.io/

コンテンツの配信、貨幣化、認証、著作権管理など、集中型のコンテンツプラットフォームが直面する主要な課題をブロックチェーン技術を活用して解決することを目指しています。Contentosは、コンテンツを収益化し、広告主、ファン、その他のクリエイターとの共同作業を促進し、コミュニティに積極的な貢献をしてもらうことで、クリエイターに力を与えることを目指しています

その中でも

P2P収益分配による収益の透明化

分散型の収益体系では、作成の価値はオープンで透明であり、ユーザーに直接報酬を返します。

(P2Pとはネットワーク上で対等な関係にある端末間を相互に直接接続し、データを送受信する通信方式。インターネット電話等もP2P方式にあたります)

既にコンテンツ配信もしており、その数は346万以上の動画数です。

また、Blockchain技術により、著作権の認証とトランザクションを完全に追跡することができます。

NEOも!

NEOグローバルキャピタル(NGC)もContentosに対して投資を行い、またパートナーの発表を行うと本日(2018年10月4日)発表しました。

NEOグローバルキャピタル公式ホームページ:https://www.ngc.fund/

Contentosに投資することで、NGCは独自のコンテンツとデジタル化された贈り物を含む独自の資産取引モデルの生成と設計を支援することを目指しています。

 

今後は?

コンテントスはチームは、NGCとオントロジーの協力とサポートを得て、コンテンツクリエイター、ユーザー、およびグローバルなデジタルコンテンツエコシステムのすべてのメンバーのニーズを満たす身元確認システムを開発する用意があると考えています。

バイナンス、NGCの提携発表で今後コンテントスの動きが活発になると考えられますし、内容が楽しみです。

今後も動きがあり次第記事にしていきたいと思います。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

-取引所, BINANCE

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。