初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

イーサリアム

コンスタンティノープル ETH ハードフォーク 詳細を調べてみました!

投稿日:

ikeです。

今回は11月に控えているとされるETH(イーサリアム)のハードフォーク、コンスタンティノープルについて記事にしたいと思います。

イーサリアム概要

公式ホームページ:https://ethereum.org/

公式ツイッター:https://twitter.com/ethereum

ビットコインは決済システムの進化を目指す目的で作られましたが、イーサリアムは決済システムとして作られたものではありません。スマート契約を実行する アプリケーション、分散プラットフォームです。そのためイーサリアムのブロックチェーンを使って誰でもアプリケーションを作成することが出来ます。

詳しく説明しますと、従来のサーバーアーキテクチャでは、すべてのアプリケーションが独立したサイロで独自のコードを実行する独自のサーバーをセットアップしなければならず、データの共有が困難でした。1つのアプリが侵害されたりオフラインになったりすると、多くのユーザーや他のアプリが影響を受けます。

ブロックチェーンでは、誰もがすべてのノードに必要なデータを複製して契約を結び、ユーザーやアプリ開発者が補償するノードを設定できます。これにより、ユーザーデータをプライベートにすることができ、インターネットが動作するはずのようにアプリケーションを分散させることができます

ICO関連でもイーサリアム(ERC20)系のトークンが沢山あります。これもイーサリアムのブロックチェーンを使ったさまざまなアプリケーションが開発され、その開発を進めていくためにICOがあるという流れです。

ハードフォークって?

よく「ハードフォークが行われた」等「ハードフォーク」という言葉は仮想通貨業界でよく耳にする言葉ですが、どういった意味でしょうか?

固いフォーク?日本語ですとそう思ってしまいますがw。

フォークというのは英語で「分岐」という意味です。ハードフォークが行われる、つまり分岐されたという意味になります。分裂という意味あいにもとられます。

ハードフォークが行われたタイミングで、今までのコインはそのまま存在し、新しいコインが新しく誕生し、それぞれ分岐して存在する状態になります。

広く知られているところではビットコインとビットコインキャッシュ。この二つもビットコインからハードフォークしたコインがビットコインキャッシュという事になり、

取引所等によって配布されるか等は調べて預けることが必要ですが、ビットコイン1コインに対し、ビットコインキャッシュも1コイン自動的に配布されるという流れになります。

なぜ分裂するかと言うのはやはりスケーラビティが問題になるからという理由が多いと言われています。

 

スケーラビティとは?

スケーラビリティ問題とはブロックチェーンのネットワークに参加する人やノードの数が増えることによりブロックチェーンのネットワークが拡大していくことで送金遅延、手数料増加、処理速度の低下などの問題が起こってしまうことです。

使う人が増えれば増えるほど、処理能力がおいつかなくなる(=スケーラビティ)ので、「のれんわけ」の様な感じで新しく進化した似てことなる店を増やして、そちらでも似た処理をさせる(=ハードフォーク)。」という感じでイメージして頂いたら良いと思います。

コンスタンティノープルとは?

横文字ばかりでごちゃ混ぜになりそうですが、今回のイーサリアムのハードフォークの事を「コンスタンティノープル」といいます。

今回、ハードフォーク後、ほぼ確定と言われて居るのが、イーサリアムのマイニング報酬が3ETHから2ETHへと変更する事です。

下げてしまったら、マイニングする人が減るんじゃないかな?と思いますが、今回の報酬を減らす事は、

イーサリアムの供給量を減らしインフレを抑制、イーサリアムの価値を維持することを目的としています。

イーサリアムの価値が下がれば、ネットワークを攻撃コストが下がるので開発者側はセキュリティ強化のためにも、供給量を減らすことを推奨している事から、マイニング報酬を下げる事は

ほぼ確定のようです。

実施は今年中、11月中を予定しているそうです。

相場の予想では、今回のハードフォークによって、一時的にマイナーのETH売り圧が強くなると予想されています。

ハードフォーク前後は相場の変動、また、イーサリアムの売買をしたい方は注意が必要です。

 

今回の記事は以上です。

最後までお読み頂き有り難うございました。

 

-イーサリアム

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。