初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

ビル&メリンダ・ゲイツ財団 Ripple Lab&Coilと提携か? Mojaloop?内容を調べてみました。

投稿日:

ikeです。

今回はビル&メリンダ&ゲイツ財団がリップルLabとCoilと提携か?というニュースについて記事にしたいと思います。

ビル&メリンダ&ゲイツ財団とは?

ウィンドウズパソコンで有名なマイクロソフト社の会長ビル・ゲイツとその妻メリンダによって2000年に設立された世界最大規模の慈善基金団体です。

ビルゲイツが寄付等慈善活動に力を入れていると言うのは耳にしていましたが、既に世界最大規模なんですね。やっぱりウインドウズは凄かった!

その中でも保険、介護、教育、式学、子育て、貧困への活動に力を入れています。

この財団が世界規模になった一因に、世界一の投資家と呼ばれ、ゲイツに次いで世界第3位の富豪であったウォーレン・バフェットによる大規模な寄付があります。

この寄附彼自身が率いる米投資会社の株式およそ1000万株によって行われ、その額は307億ドルにのぼるといわれています。

活動ポリシーは「全ての生命の価値は等しい

世界の保健衛生と開発支援を中心に毎年40億ドル(およそ4400億円)超を拠出しています。

Mojaloopとは?

昨年、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は「Mojaloop」との提携を発表していました。このMojaloopとは、および銀行へアクセスできない貧困層への送金インフラ整備を目的としたソフトウェアです。

公式ホームページはこちら

http://mojaloop.io/

公式ホームページによりますと、金融サービス企業、政府規制当局、および相互運用性と財務的な取り組みの課題に取り組むオープンソースのソフトウェアです。

顧客は、使用するアカウントやサービスの種類にかかわらず、誰にでもデジタル決済を送信できる必要があります。Mojaloopは金融機関が相互運用性を達成しやすくします。

中央銀行、市場インフラ、決済プロセッサー、フィンテック企業が、貧困層にサービスを提供する際に相互運用可能な支払いプラットフォームの作成と展開を促進することを可能にします。既存のペイメントプロセッサーとプロバイダーに接続するレベルの場を提供します。


そして、今回新たにCoilがプロジェクトに加わる事が明らかになりました。

Coilとは?

Coilは元リップル社CTOが進めている新プロジェクトで、ゲイツ財団の運営するMojaloopネットワーク発展を目的として提携する方針をツイッターで発表しました。

coilはサンフランシスコのスタートアップであり、クリエイターがお金を稼ぐための新しい方法を考え出しています。

詳しい内容としては、ユーザーはCoilにサインアップし、固定月額契約を支払います。彼らがサポートされているウェブサイトにアクセスすると、クリエイターに自動的に寄付します。

Coilの購読では、あなたが訪問したウェブサイトに寄付を払います。あなたがウェブサイトに費やす時間が増えるほど、私たちは寄付を増やします。

また、他のサービスとの違いは、Coilはリアルタイムでサイトに支払いを行うためにWeb Monetizationと呼ばれるオープンAPIを使用します。こうすることで、Web Monetizationを有効にしているユーザーにサイトが安全に報酬を提供し、自立した経済を作り出すことができます。

公式ホームページ:https://coil.com/

公式ツイッター:https://twitter.com/Coil

Coilのサービスは、RippleのコアテクノロジーであるInterledger Protocol(インターレジャープロトコル)を利用し、収益化するためXRPトークンを使用します。ちなみにInterledger Protocol(インターレジャープロトコル)は、異なる通貨や台帳間の垣根を超えて「価値」を送金する共通規格です。

MojaloopではこのInterledger Protocolを活用することを既に発表しており、リップル財団にとって、最近は大きなニュースが続いている状態です。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき有り難うございました。

 

 

 

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。