初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

イーサリアム Bitcoin

ラップドビットコイン WBTCとは? ビットコインのステーブル? 調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回はラップドビットコイン WBTCについて記事にしたいと思います。

ラップドビットコインWBTCとは?

ラップドビットコインとは、(Wrapped Bitcoin)は、通貨の価値がビットコインの価格と連動するコインです。ですが、「ERC20トークン」なので、イーサリアムのネットワーク上で自由に使用することができます。

WBTCトークン保有者がビットコインに償還する場合、トークンは焼却されます。発行と焼却はブロックチェーン上で追跡され、順に検証可能な状態として稼働します。

このプロジェクトは2019年1月に始動予定で、現在参加企業は、

Airswap、Ddex、Hydrogen、Set Protocol、Compound、Maker、Dharma、Prycto、Idex、Gnosis、Radar Relay、Blockfolioです。

 

プロジェクト公式ホームページはこちら:https://www.wbtc.network/

Kyber Networkの日本語公式ツイッター(WBTCについて日本語でつぶやきがありますので理解しやすい):https://twitter.com/kybernetwork_JP

 

使い方としては、WBTCを受信するには、ユーザーがマーチャントにトークンを要求します。次に、商人は、必要なKYC / AML手順を実行し、ユーザの身元を確認する。これが完了すると、ユーザーとマーチャントは、ユーザーのBitcoinをマーチャントに転送し、マーチャントのWBTCをユーザーに転送して、スワップを実行します。

Ethereumネットワークは、Bitcoinネットワークよりも高速にトランザクションを処理しますが、Bitcoin保有者はもう待つ必要はありません。WBTCを使用すると、Exchange間でBitcoinを移動する方がはるかに高速です。

WBTCは、分散型エクスチェンジ(DEX)や金融アプリケーションなど、イーサリアムのエコシステムに大きな流動性をもたらします。現在、取引量の大部分は、Bitcoinとの一元的な取引で発生します。WBTCはこれを変更し、Bitcoinの流動性をDEXにもたらし、Bitcoinをトークン取引に使用することを可能にします。

WBTCは、BitGoのカストディサービスを使用することによってイーサリアム上でのトークン化を実現します。WBTCはそれを裏付けるビットコインが回収され、同等のWBTCバーンされます。それまでの間は流通し続けます。テザー疑惑など、ステーブルコインには疑惑がつきまといますが、その点、WBTCは「有資格者はWBTCに信頼できる制度上のセキュリティを提供し、発行されたすべてのWBTCは、準備金の連鎖証明を通じて完全に裏付けされ、検証される」という透明性を発表しています。

 

実用化されるとどう便利?

例えば、ERC20系のICOがあり、そのコインを購入する場合に、まず、イーサリアムを保有している必要がありました。

ビットコインが1位なら時価総額や一日の取引量では2位の場合が多いイーサリアム。

イーサリアムとビットコインのプラットフォームは別物ですが、あたかも同じネットワーク上で動いているかのような中継をしてくれるのが今回のWBTCになります。

いちいちビットコインを取引所でイーサリアムに変換して、イーサリアムのウォレットに移して、また逆もしかり。そういう手間が一気に省けます。

イメージしやすい所で言いますと、今まで不可能であったビットコインとのトレードペアを作ることができます。

これは、トークンの取引においての煩わしさが減るため、ユーザーにとっては沢山の利点があると思います。取引において、スピードの速さや手順の簡素化は新たな顧客の獲得にも影響してくるとも思います。

実際に稼働していくと、その便利さは体感して理解出来るんでしょうね。

別々の取り組みの仮想通貨同士が良いところを理解しあってくっつくと言いますか。サービスの向上の為の取り組みが日々行われ、柔軟にチャレンジされていく、このスピード感は

考えるだけでワクワクしてきます。これからもあっちとこっちがくっついた!!って事が沢山出てくるんでしょうね。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき有り難うございました。

 

 

-イーサリアム, Bitcoin

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。