初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

取引所 コインチェック

マネックス 2018年 第2四半期決算 コインチェックについても発言 発表後株価はどうなった? 

投稿日:

ikeです。

今回はコインチェックを買収したマネックスが本日(2018年10月29日)前場引けに第2四半期決算を発表しました。

その内容について記事にしたいと思います。

マネックスの決済発表内容をチェック

仮想通貨事業に関しては2019年1月のサービス停止後既存顧客の保有する仮想通貨の売却のみの事業となり、セグメント(この分野での)損失は6億円と発表しました。

まぁ、これは金融庁の認可が下りるまでサービスを提供出来ない状況なので、マイナスというのはわかりますよね。

それプラス世界水準で見た時にも強固な基盤になるよう、「サイバーセキュリティ及び内部・管理体制」の管理強化に充てており、この損失6億円に関しては、グループ入りしてから半年間の先行投資だと説明しています。

AI等の新技術やクリプトアセットを活用したサービスを創造

クリプトアセットとは、ビジネスから得られた利益の一部から報酬を得られたり、重要な決定に対する投票権を得られるもの等、仮想通貨プラスアルファの利があるものを指します。

取引所トークンなどもこれに該当すると思います。所有し、その取引所に保管しているだけで配当がもらえたりするものがありますよね。

マネックスもこういったプラスアルファの利益が出る「何か」を提供を検討しているようですね。

ミレニアル世代向けのサービス開発と提供

ミレニアル世代とは、1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多いです。インターネットが普及し始めた頃生まれた子供達ですので、情報リテラシーに優れています。

景気はあまり良くない時代に生まれた事もあり(全くバブルを知らない、バブル崩壊や2008年のリーマン・ショック)物やお金よりも経験や体験、他人の共感や評価を重視する意識が強い。

確かに。当たり前のように携帯・インターネットをサクサク操作している世代というイメージ。情報過多世代とも言えますが。

経済界や流通関係者などには、今後こうしたミレニアル世代特有の価値観が、世界中で影響を強めるのではないかとみる人が多く、シェアリング・エコノミーやネットメディアの台頭はその一例としてとらえられている。

この年代向けのサービス開発を今後していく予定という事はこの世代からの広がりを意識した開発というイメージができます。

日本での収益は伸び悩み、米国は利益拡大

マネックスのアメリカ事業は、顧客基盤が拡大 。収益全体の31%を占め、過去最高の4億円に到達しました。米国株取引では、取扱銘柄数などの規模で日本最大となり、取引件数および取引口座数は、それぞれ前年同期比45%増、26%増している。今後は米国子会社のトレードステーションが、仮想通貨などのトレーディングビジネスの確立を目指す。

コインチェックの仮想通貨事業も海外進出を予定していますので、このアメリカでの利益拡大は今後の動きに期待出来ますよね。

 

いつ再開?松本CEOの発言

今回の決算発表後、質疑応答に松本CEOが答えています。

金融庁からの認可が下りない現状について、当社としては準備は完了できていると考えているが、最終的に金融庁の許可を待つのみの状態だ。目処に関しては答えようがない部分があるが、感触としてはもう間も無くではないかという手応えはある。

コインチェックだけではなく、どうしても外部環境にも左右されるとも発言。(国内や海外における不正流出事件などの影響?)

この発言から、金融庁の許可を待ってる状態と言うことはわかりますし、準備も万端、と言った所でしょうか。

日本の仮想通貨取引所ユーザー(特にコインチェックを使っていた人達)は待ちわびていると思われます。

 

10月29日より、取引説明書、利用規約一部改正

本日よりコインチェックの取引説明書と利用規約が一部改正されています。

細かな内容はコインチェックの公式ホームページをご確認ください。

該当ページはこちら

https://corporate.coincheck.com/2018/10/23/59.html

このことにより、本日よりコインチェックのホームページにログインしますとこの改正に同意するかどうかのチェックが表示されますので、

内容をご確認の上、お早めにチェックをしておくことをおすすめします。

 

そして、今日の株価

今日のマネックスグループ株価です。

結構下げています。

仮想通貨事業等の遅れや赤字のイメージが悪かったのでしょうか。

個人的にはこれから始まるのになぁ、なぜ下げるんだろうという気もしますが、決算内容に目新しいニュースが無かったりも理由にあるのかもしれません。

いずれにせよまだ始まってもいないマネックスコインチェック。早く認可が下りて日本の取引所のイメージをアップしてほしいものです!!

 

今回の記事は以上です。最後までお読みいただき有り難うございました。

 

-取引所, コインチェック

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。