初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

LISK 取引所 コインチェック

コインチェック イーサリアム ネム リスク 購入再開 それぞれのチャートも 調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回はコインチェックがいよいよネム(NEM)とイーサリアム(ETH)、そしてリスク(LISK)の入金と購入を再開したというニュースについて記事にしたいと思います。

コインチェック再開

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下当社)は、2018年10月30日に新規口座開設ならびに一部仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたが、今般、ETH・XEM・LSKについても、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了いたしましたので、2018年11月12日より、当該仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたことをお知らせいたします。

(公式ホームページより引用)

じゃあ、どのサービスがOKになってるのか。

一目でわかる表もアップされていました。

なんだかわかりやすいような、わかりにくいようなw。

つまり、

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラッシック、イーサリアム、リスク、ネム、リップル、ファクトムと取り扱い通貨がありますが、そのうちのリップル、ファクトム以外は入出金、売却購入がOKになりました。

リップルファクトムは出金、売却はできても入金と購入ができませんという事です。

また、今回の再開で初めて取引をされるかたは注意が必要な項目があります。

以下も公式より重要項目なので引用しました。

  • この度の再開に伴い、全てのお客様に、通貨の入金の際は入金アドレスを再発行していただく必要がございます。「コインを受け取る」画面より「アドレスを作成」を押下し、新しく入金アドレスを発行していただきますようお願い申し上げます。
  • 旧入金アドレス、もしくは異なる仮想通貨の入金アドレスに送金された場合、残高への反映や仮想通貨の返還は致しかねますので、ご留意くださいますようお願い申し上げます。
  • アクセス増加により、一時的にサービスや問い合わせ窓口等に繋がりにくくなる可能性がございます。
  • 取引量が急増した場合、急激な価格変動が生じた場合、また現時点で判明していない問題が確認された場合等、当社の判断により予告なく一時的に売買を停止することがあります。
  • 現時点で判明していない問題等が確認された場合、予告なく再開を見合わせることがあります

 

取引を久しぶりにされる方は必ず入金アドレスの再発行をしましょう!

そして、現在準備中なのは、

先ほどのリップルとファクトムの入金・購入、レバレッジ新規建取引、Coincheck Payment、Coincheck でんき

これらは再開に向けて頑張っているようです。

気になるチャートの動き

ちなみにコインチェックがイーサリアム、ネム、リスクの再開を発表したのは2018年11月12日の16:30前。まず、イーサリアム。

…。あんまり変化はありませんね。

つづいてリスク

お!17時頃から一気にチャートが。これは影響があったといえるのではないでしょうか?

そして、コインチェックが取引停止に追い込まれたネム流出。そのネムがコインチェックで再度取引できるようになるというのは

感慨深いものがありますね。

こちらも17時頃から一気にチャートが!やっぱりコインチェックの影響だと思われます。

こうやってみるとLISKとほぼ同じ動きという所も興味深いですね。

(イーサリアムは取り扱い取引所や、量が多すぎて反応しなかったのでしょうか。残念)

コインチェックでネムを預けていた人が流出後、日本円で約88円/1NEMとして補償を受けましたが現在12円。お買い得と言えばお買い得な気も(あくまでも個人的意見)

買い戻す人も出てくるのかな。皆様どうされるのでしょうね。

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-LISK, 取引所, コインチェック

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。