初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

BINANCE TRIG

トリガー TRIG マスターノード 調べてみた

更新日:

ikeです。

前回の記事に引き続き、今日はTRIG トリガーについて調べてみました。

TRIGでぐぐってみると、マスターノードという言葉が一緒に出てきます。

まず、マスターノードとは?調べてみました。

 

マスターノードとはウォレットを実行し、決断を下すコンピューターの事を言うようです。

自分がその決断を下すコンピューターの権利を購入し、その代わりに報酬を受け取る。

DASHなんかも同じような形をとっていて、調べてみると、サーバーの役割をするので、

24時間稼動させておかなければならない、途中ですぐやめられないなどとあります。

その代わり、メリットもありますよ!というものでした。

 

ではTRIGのマスターノードについて。

まず、マスターノードの権利を持つには1500TRIGを保有している必要があります。(+5TRIGは最初送金に必要らしいので、最低でも1505TRIG。

本日のTRIG相場

約3.15ドル。日本円で350円くらい。

350×1505=526750円

以前は1TRIG 700円位してた頃もあったので、その時よりは手が出せる金額になっているようです。

そして、この1500コインの権利で月利25%のAMMOという派生したトークンを受け取ることができます。

1500TRIG×25%=375AMMO

1ヶ月に375AMMOがもらえる。

AMMOの予想価格がTRIGの25%といわれているので、いまだと87円位?

375AMMO×87円=32675円/月(あくまでも予想)

利率としてはかなり良いですよね。

DASHの場合はDASHがもらえますが、TRIGはAMMOコインがもらえるという流れです。

AMMOはTRIG送金の際に必要になるトークンですのでそれなりの価値があると考えられます。

が、まだ市場に出ていないコインです。2018年3月にTRIGウォレットが作成できるようになるという計画ですので、そのときにあわせてマスターノードも立てられるという流れのようです。

 

今回のツイッターキャンペーンで注目を浴び、、ビットコインアルトコイン大暴落で、一気にお求め安い状況になりました。

個人的においでおいでと言われている気がしている状況です(笑)

TRIGはバイナンス取引所で購入できます。

バイナンス登録はこちらから↓

TRIGはセールスキャンペーン等とても普及に力を入れているとおもいますので、今後も注目していこうと思います!

ikeでした。

 

 

 

-BINANCE, TRIG

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。