初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

取引所 BINANCE

ステーブルコイン USDC バイナンスに上場 どんなコイン? ステーブルコインとは

投稿日:

 

ikeです。

今回はステーブルコインのUSDCがバイナンスに上場したという事で、ステーブルコインについてもさまざま記事にしてきたいと思います。

バイナンスにステーブルコインUSDC上場

海外取引所最大手のバイナンス。この取引所に上場すると一気に価値が上がって、チャートも伸びますが、ステーブルコインはそうはいきません。

ステーブルコインとは法定通貨とペッグした通貨の事をいいます。つまり、ドル等の通貨と価格が連動している通貨といえます。

一番の利点は仮想通貨に比べて価格が安定しているという点。例えばビットコインを売却する際、ステーブルコインに変換しておくと一旦コマ休めといいますか、寝かせておいて

一度安定させてから、もう一度他のコインを購入するという事が出来ます。

ここで一つ疑問に思う方もいると思います。

別に日本円や本物のドルにしたらいいじゃないの?と。

それはそうですが、本当の円やドルにする場合、銀行口座登録が必要になりますし、そこから振り込みをしなければいけませんよね。受け取るときも銀行口座必要になります。

そして、銀行の場合手数料がかかります。そして時間もかかります。仮想通貨も手数料や時間がかかる場合もありますが、多くは安くて早くすみます。

つまり、仮想通貨取引を自分のタイミングでしたい時にステーブルコインというのはかなり使える「コイン」というわけです。

仮想通貨と法定通貨の利点を組み合わせた架け橋的な通貨と考えると良いと想います。

ステーブルコイン増えまくり

 

元々、有名どころとしてはUSDT(テザー)が一番有名でしょうか。2014年に発行されました。

有名な取引所で取り扱いされている通貨で、ステーブルコインとしては元祖的な扱いと言えます。

バイナンス、ポロニエックス、クラーケン、Huuobi、BITTREX、BITBOX、ZB等の取引所で売買されています。

ちなみにステーブルコインどのくらいあるかといいますと、

・ドルペッグ

USDT(テザー)、Geminidollar(ジェミニドル)、TUSD(trueUSD)、paxos stadard、USDC

・円ペッグ

LCNEM

・ユーロ

STASIS

・中国元

BitCNY

・原油

PETRO

・金

digix

と、ikeも知らない金やら原油のステーブルコインがあるんですね。。。勉強不足です。。。

と、言ってもやはりドルとペッグしたステーブルコインが一番多いですね。

今回のUSDCの内容

今回バイナンスが新しく取り扱うことを決めたUSDCは、米国のcoinbase(コインベース)サークル社が共同で開発した通貨です。

イーサリアムをベースとしたERC20トークンで法定通貨ドルと1:1で連動するようになっています。

サークル社と言えば米国の仮想通貨取引所「ポロニエックス」を今年買収した事が大きくニュースになっていました。

ゴールドマンサックスが資金を調達した事もニュースになっていました。

また、コインベースの方は日本の三菱UFJファイナンシャルグループと提携し、日本進出を予定しています(年内に予定していましたが、今のところまだですね)

コインベース日本進出について過去に記事にしていますので、よろしければそちらもお読みください。

コインベース 日本進出はいつ頃? 北澤直氏がCEO?

上記の内容からもかなり大手が関わっているステーブルコインと言うことで、安全性も高いと思われます。

既に入金は可能になっていて、売買開始は(UTC)の17日午前3時から始める予定と言うことです。

ペッグ通貨はこれからも発行が増えてくると予想されていて、これが加速していくと銀行はどうなっていくんでしょうね。

昨日も近い将来銀行のATMを全銀行共通にする案が出ているとテレビのニュースがあり、確かに今までどうして別々だったんだろうと思いました。コストもかかるでしょうし。

コンビニATMをうまく活用している銀行も増えてきていて、大手銀行も改革をしていかなければ、生き残れない時代がやってきたんだろうなと思わずにはいられませんでした。

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

-取引所, BINANCE

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。