初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

BitcoinCash

BCH ハードフォーク 分裂! BCHABC BCHSV

投稿日:

ikeです。

今回はとうとうビットコインキャッシュがハードフォークし、分裂したニュースについて記事にしたいと思います。

ビットコインキャッシュABC、 ビットコインキャッシュSV

先日から記事にしてきました、ビットコインキャッシュのハーフォドーク問題。ついに本日(2018年11月16日)2つのチェーンにハードフォークしました。ビットコインキャッシュビットコインABCとビットコインSV側のアップグレードを巡る対立は結局避けることは出来ず、それぞれ異なるコインとしてこれから歩むことになります。

ハードフォーク予定時間(日本時間16日午前1時40分)から約1時間20分後、ビットコインABCを支援しているBitcoin.comが最初の新しいブロックをマイニングしました。これにより、チェーンがまず、2つに分かれ、その後、ビットコインSV側も新しい別のブロックをマイニングし、完全に分岐した形となりました。

そもそも今回、本流だったビットコインABC側は今回のハードフォークはアップブレードとして追加的なコードを入れ、技術的なアップグレードを目指しています。一方でビットコインSVはブロックサイズを32MBから128MBへと増やし、オリジナルのビットコインプロトコルを復活させるコードを含むものでまったく異なる意見で対立していました。

それぞれのBCHの支持する立場としては、有名なところでいいますと、「ビットコイン伝道師」ロジャー・バー氏やビットメインのジハン・ウー氏が支持するビットコインABCと、自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏のビットコインSVという構図です。

Bitcoin ABCコミュニティの提案は、スマートコントラクト機能、レイヤー2スケーリングソリューション、オラクル等の追加によりBitcoin Cashをより利用し易く、素早く、開発者に使い易くしたいと考えています。Bitcoin ABCは、大手採掘プールAntpool(Bitmain社が所有)、BTC.com、Btc .top、ViaBTC、およびBitcoin.comが支援します。

Bitcoin SVのSVは「サトシ・ビジョン」を表していて、Bitcoin SVを支援する採掘プールには、CoinGeek、BMG、SVPoolなどがあります。SVを支持する業界リーダーには、先ほどのクレイグ氏やカルヴィン氏、nChain社のJimmy Nguyen氏がいます。

Bitcoin SVコミュニティは、ABCの提案が元のビットコイン・プロトコルに対する不必要な変更だと主張する一方、自身の提案がオリジナルのプロミスを踏襲していると考えています。

Bitcoin ABCの提案はBitcoin Cashを拡張することを目的としています。より便利にし、そしてBitcoin Cashのスマートコントラクト開発を促進しようとしています。一方、Bitcoin SVは、より慎重で、これらの変更を不必要かつ不正なものとみなしています。

どちらにも自分たちが正しいという正当性があるのかもしれませんが、今回の騒動は投資家を混乱させるだけでなく、ビットコインキャッシュの歩みを止めかねない状況とも言えます。まだ今日フォークした所ですので、今後どうなっていくかは静観していきたいと思いますが、マイニングパワーによる力の違いで通貨の生き残りが決まるのでは無く、ユーザーにとっての価値の高い方が残ってほしいと思います。あくまでも個人的意見ですが。

今回の問題については、まだまだ勉強不足な点もあると思いますが、今後の動きに注目して情報を確認しておきたいと思います。

 

今回の記事は以上です。最後までお読みいただき有り難うございました。

-BitcoinCash

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。