初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

Vechain ブロックチェーン

H&MがVeChainを使ったテストを試行! どんな中身? H&Mについても詳しく! 調べてみました。

投稿日:

ikeです。

今回はファストファッションブランド H&MがVeChainを使ったテストを試行したというニュースについて、どんな内容かも含めて詳しく記事にしていきたいと思います。

H&Mとは?

H&Mとは、スウェーデンのアパレルメーカーです。正式には「エイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツ」と言います。

日本公式ホームページはこちら;https://www2.hm.com/ja_jp/index.html

公式ツイッターはこちら:https://twitter.com/hmjapan

創業は1947年。毎日のように新製品を販売し、安く、早く流行にのった製品を販売することで人気です。

いわゆるファストファッションの一つで、日本のライバル企業としてはユニクロ、しまむら、ハニーズといったところがライバルとして挙げられます。

今年春には引退を表明した安室奈美恵さんとコラボした商品を販売するなどしていますが、個人的には日本ではユニクロやしまむら、ZARAに少し遅れをとっているかな?

という印象です。近くに店舗が無いこともあるかもしれません。公式ホームページを見るとかわいい!と思う商品も沢山ありますね!!

さて、そんなH&M、VeChainを使ったテストをしたというのですが、そもそもVeChainとはどんなものなのでしょうか?

VeChainとは?

公式ホームページ:https://www.vechain.com/#/

公式ツイッター:https://twitter.com/vechainofficial?lang=en

設立:2017年7月

拠点:中国、上海

価格:0.86円(2018年11月17日現在)

時価総額ランキング:23位(2018年11月17日現在)

VeChainとは、ブロックチェーントレーサビリティ識別サービスプラットフォームを開発しています。商品の真贋や正規に流通しているかをブロックチェーン技術を使用して、商品の生産段階から監視します。例えば、ワインですとブロックチェーンシステムを通じて、生産、輸送、輸入、販売のすべての側面でレイヤーごとに監視されます。企業にとって、それが効果的にブランドの価値を高めるために、偽の製品を販売する現象による詐欺、被害や損失を低減することができ、消費者のために、ワインの起源を知ることは容易、メーカーの情報を理解し、信頼性を、消費者の利益を効果的に保護されています。

上記の事がファッションにも当てはまります。ブランドの価値を保護するためにもコピー商品や偽物を防ぐためにブロックチェーン技術を有効に活用しようと言うわけです。

アルコール、車、高級品、物流、その他を含み、VeChainは「本物か偽物か」を選定することができるという技術です。

その技術をH&Mがテストしたという事ですね。

Arketという自社ブランド

今回H&MはArketという自社ブランドでそのテストを行った様だと報道されています。

Arketとはどんなブランドでしょうか?

Arket公式:https://www.arket.com/en_gbp/index.html?appnt=true

公式から店舗イメージを引用させていただきましたが、H&Mと比べますとシンプルなファッションですね。ホームページの雰囲気は若干ユニクロ的な感じもします。

無地でシンプルな服といったところでしょうか。

VeChainの活用方法としてはまだテスト中で未定としながらもArketの商品をユーザーがスキャンすると、その商品の詳細が表示されると行ったモバイルアプリを使用したテスト動画もあるようです。

近い将来、誰かが着ている服をほしい!と思ったらスキャンしてどこのブランドか、幾らくらいか等調べるという事が行われるんじゃないでしょうか。

便利ですけど、安物かどうかもすぐばれますねw。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき有り難うございました。

 

 

 

-Vechain, ブロックチェーン

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。