初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

Google ブロックチェーン

アマゾン・ウェブ・サービス AWS ブロックチェーン製品 開発 発表

投稿日:

ikeです。

今回はアマゾンウェブサービスがブロックチェーン製品の開発を発表したニュースについて記事にしたいと思います。

「AWS re:Invent 2018」

AWSとはアマゾンウェブサービスの略称で、2018年11月26~29日(米国時間)に開催した年次カンファレンス「AWS re:Invent 2018」では、オンプレミスやブロックチェーンなどこれまで同社が敬遠してきた分野を含めて、30種類を超える新サービスが発表されました。

30種類以上のサービスを発表とは。やはりアマゾンはすごいですよね。

AWSのアンディ・ジャシー(Andy Jassy)CEO(最高経営責任者)は

これまで敬遠していたタイプのサービスの代表格が「AWS Outposts」です。顧客のオンプレミスのデータセンターで、パブリッククラウドのAWSと同じ仕組みを実現できる。AWSが設計したハードウエアに仮想マシンサービスの「Amazon EC2」やブロックストレージサービスの「Amazon EBS」などのソフトウエアをインストールして提供する。

オンプレミスとは、企業などの組織における情報システムの設置形態の分類で、自社施設の構内に機器を設置してシステムを導入・運用すること。外部の事業者が用意した機材やソフトウェアを通信回線を経由して利用するクラウド型(システム/サービス)の対義語。

出荷開始は2019年下期の予定。機能は順次追加する計画で、リレーショナルDBのサービスである「Amazon RDS」やコンテナ管理の「Amazon ECS」、機械学習モデルの開発やデプロイができる「Amazon SageMaker」なども利用可能になる。AWSがリモートから運用管理する。AWSの中でVMware環境を利用する「VMware Cloud on AWS」にも対応する。

アマゾン・マネージド・ブロックチェーン

これまでクライアントかイーサリアムかHyperledger Fabricに基づいてブロックチェーンネットワークを展開できました。

この2つのプロトコルは、引き続きAWSの新製品「Amazon Managed Blockchain」でも中心的な役割を果たします。このサービスにより、クライアントは完全に“管理されたブロックチェーン”ネットワークを構築できます。アマゾンによると、このサービスは数百万のトランザクションに対応し、数千のアプリケーションを処理できるという。現時点では、“管理されたブロックチェーン”製品はHyperledger Fabricをサポートしており、イーサリアムのサポートは今後数か月以内にライブになる予定です。

Quantum Ledger Database

AWSのもう一つの新製品は、「Quantum Ledger Database」であり、ブロックチェーンプラットフォームではなく台帳データベースであり「トラストされた中央管理者が所有する、暗号で検証可能なトランザクションログ」を提供する。先述の“管理されたブロックチェーン”のネットワーク活動をQLDBにインポートして、活動を分析し、傾向を識別できます。

「ブロックチェーンを求める顧客の話を聞いたとき、彼らが本当に欲しいものと矛盾があるように感じました。そして、当社は顧客と協力して、彼らが解決したい仕事を突き止める事に時間を費やしました。そのため、これは顧客がブロックチェーンを使ってやりたい物になっていると思います。

10月、アマゾンウェブサービス(AWS)の中国部門は暗号通貨Qtumとの提携を発表しました。AWSは、企業および開発者向けのBaaSソリューションとしてQtumブロックチェーンを提供していましたが、これを強化しています。QtumはAWS中国と協力して、様々な顧客にコンタクトする意向を表明しました。

こういったサービスについては、IBM、オラクル、マイクロソフト・アジュールなどの他の主要なクラウドコンピューティングプロバイダも、クライアントにブロックチェーンベースのサービスを提供しています。

その中でもマイクロソフトの「Microsoft Azure」が一歩リードしているといったところでしょうか。

このマイクロソフトも2015年11月にConsenSys(コンセンシス)と提携。エンタープライズクライアントと開発者が単一のクリッククラウドベースのブロックチェーン開発環境を持てるよう、Microsoft Azureで「Ethereum Blockchain as Service(EBaaS)」を提供すると発表しました。

ブロックチェーンを利用したクラウドサービスの今後は競争が活発になると予想されています。

ユーザーとしては競争していきながら良いサービスが提供されることを望んでいます。今後の動きを楽しみにしています。

 

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!!

-Google, ブロックチェーン

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。