初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

NEMが中国GUBIと提携を発表! NEMの魅力とは? 内容を調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回はNEMが中国のGUBIという企業と提携を発表したというニュースについて。またNEMは支持する人が多いというイメージがありますので、NEMの魅力についても再確認していきたいと思います。

NEMとは?

NEMは2015年3月31日に開始されたプロジェクトです。プログラムのコードはJabaです。ピアツーピア型の通貨で、主にコミュニティ向けの通貨を作るという目標があり、発足しています。

POW(プルーフ・オブ・ワーク)の代わりにPOI(proof of importance:重要度の証明)アルゴリズムを使用しています。

この違いに関しては以前に記事で詳しく説明していますので、そちらをよろしければどうぞ

モナコイン 巻き戻しとは? POW その他コインも

NEMの人気の一つが、システムとしてEigentrust++という物があります。これはNEMが初めて採用したシステムなのですが、他の暗号通貨との違いとして、 他の暗号通貨では、proof-of-workでは、ネットワークを保護する能力の尺度として、ノードの実施した計算作業の「量」が用いられる。 しかし、Eigentrust++では、仕事の「質」が重要である。 これにより、NEMネットワークの効率的な運用と保守が可能となる。基本的に所有しているコインの数とウォレットとの間の取引の数によって決まる。沢山NEMをもって取引している人がNEMにとって悪い動作をしないであろうという所から来たシステムです。

また、公式の見解としては、

NEMは単なる暗号通貨ではありません。NEMは、ネイティブの通貨トークン「XEM」を処理するだけでなく、ブロックチェーンプロジェクトです。その上、さらに重要なことに、NEMはピアツーピアプラットフォームであり、支払い、メッセージング、資産作成、およびネーミングシステムなどのサービスを提供します。NEMは優れたコアブロックチェーンテクノロジを備えた進化し続けるソリューションであるため、さらに多くの機能が提供されるはずです。

と謳っています。

NEMの有名なニュースとしては、コインチェックの不正アクセスによる流出事件というマイナスニュースの方が先に挙げられてしまいますが、NEMは根強い人気のある通貨で、

NEMの特徴としては、例えば、スマートコントラクト(第3者の仲介なしに、契約が確実に履行される)がウォレットの画面をクリックしていけば、少しの予備知識で使うことが出来るようになります。

また、NEMを使ったプログラム開発なんかも簡単にできるようになっていて、コミュニティではそういった様々な情報交換が沢山行われています。

 

公式ホームページ:https://nem.io/

公式ツイッター:https://twitter.com/NEMofficial

公式ホームページを見ると、よりその魅力がわかるかもしれません!

 

そんなNEMですが、今回、中国のGUBIという企業と業務提携を発表しました。

GUBIとは?

GUBIとは、中国のオンラインアートワーク市場です。

GUBIのパートナー企業である、GUCHネット取引サービスを見てみるとよくわかるかもしれません。

GUCH公式ホームページ:http://www.gucn.com/

GUCHのホームページを開けるとこういったアート商品(壺や磁器、クリスタル、石等の商品が多い)の販売をしています。

見たところ、ヤフオクに似てるかな?時間が区切られていて入札するシステムのようです。

今後、NEMと提携したことにより、信頼性の高いデータベースとアートワーク市場を作りたいと考えています。このパートナーシップは、アート業界におけるブロックチェーン技術の開発と普及を促進し、ブロックチェーン採用の、よりセキュアな環境構築を目的としているようです。

日本の芸術オークション関係のもこういったブロックチェーンを採用する流れがくるんだろうなと予想させる今回のニュースでした。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき有り難うございました。

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。