初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

ZEC AirTMと提携でエアドロップベネズエラ支援 その中身は?

投稿日:

ikeです。

今回は ZEC(ジーキャッシュ)がAirTMという企業と一緒にエアドロップでベネズエラ支援というニュースについて記事にしたいと思います。

ZECとは?

通貨:Zcash

通貨シンボル:ZEC

公開日:2016年10月28日

発行上限枚数:21,000,000ZEC

公式サイト:https://z.cash/

公式ツイッター:https://twitter.com/zcashco?la...

ホワイトペーパー:https://github.com/zcash/mpc/b...

ZECとは匿名性の高い通貨として有名です。

匿名性の高い通貨としては、Monero(モネロ)やDASH(ダッシュ)などもありますが、

「送金側アドレス」「受金側アドレス」「送金量」を完全に匿名化を実現しているのがこのZCASHと言われています。

以前は日本の取引所としてはコインチェックが取り扱いをしていましたが、金融庁の認可を受けるためにはこの「匿名性の高い」ZCASHを取り扱っている事がネックになるという事で、

今年の6月に取り扱いを廃止してしまいました。

現在は海外の取引所、ポロニエックス バイナンス等で購入が可能です。

また、以前(2017年5月)には大手銀行JPモルガンとの提携を発表しました。

この時は価格が高騰し、一気に知名度も上がったと記憶しています。

さて、そんなZCASH、今回、ベネズエラ支援のために AirTMと提携を発表しました。

 AirTMとは?

AirTMとは、モバイルウォレットのプロバイダです。

公式ホームページ:https://www.airtm.com/#/

公式ツイッター:https://twitter.com/theairtm

今回のキャンペーン内容とは?

Airtmは、100,000人の身元確認済みベネズエラ人のための暗号通貨で1,000,000米ドル相当の寄付キャンペーンであるAirdropVenezuela.orgを立ち上げています。

Airtm e-walletに10ドルずつ、寄付された同じ通貨で均等に分配します。Airtmデジタルマネーへのアクセスにより、ベネズエラ人は、フリーランスの仕事、投資、寄付、送金、eコマースなどの収入を得ることができます。

エアドロップと言っても自分がもらえるという訳ではないのであしからず。

10ドルで食料、薬品などの不足した輸入品を購入できます。

10ドルの寄付でそんなに色々購入できるの?と思いますよね。

ですが、現在のベネズエラの状況を聞くと「なるほど!」と思います。

現在ベネズエラはハイパーインフレに直面しています。今年初めは1ドルは1,000ボリバル以下でした。

それが、現在(2018年12月11日)1米ドルは約248,567.75ボリバルという状況です。

この状況が今後もっとひどくなるといわれています。

この事により、ベネズエラは、超インフレ、食糧不足、国際的制裁、政治的反対からの圧迫に悩まされ、混沌とした孤立した経済を抱えています。

こういった国内通貨が不安定な時に力を発揮するのが、「仮想通貨」です。

実はベネズエラでは国が運営している仮想通貨「ペトロ」があります。

ペトロについての記事はこちら

ベネズエラ ペトロとは?

国に対しての不信感が高まっている状態で、国主導で仮想通貨を作ったとしても。。。。ペトロどうなるんでしょうかね。

現在、インフレに伴いベネズエラでは仮想通貨に資金を変換している人が多く、急激に利用者が拡大しています。

別のニュースで、ベネズエラのケンタッキーではDASHで購入できるようになったと報道していました。

ある意味日本より進んでる気がw。

DASHも匿名性の高い通貨として知られています。DASHやZCASHと、ベネズエラでは匿名性の高い通貨がとても人気があるというのが、ベネズエラの状態を表している気がしますね。

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。