初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

BlockFi 仮想通貨クレジット? 貸し付けサービス提供予定 リクルートがフィデリティが出資 内容を調べてみました

投稿日:

ikeです。

今回はBlockFiという企業が仮想通貨のクレジットカードや貸し付けサービスの提供を目指しているというニュースについて詳しく記事にしていきたいと思います。

BlockFiとは?

BlockFi公式ホームページ:https://blockfi.com/

設立:2017年8月

CEO:Zac Prince

ニューヨークに拠点を置くBlockFiは業界初の暗号化資産担保ローンの制度投資となっています。

簡単に言いますと、仮想通貨を長期保有する予定の投資家に対して、その仮想通貨資産を担保にしてローンを組めるというもの。

担保として利用可能な通貨は現在のところ、仮想通貨Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)です。これらを担保に、ドルでの貸し付けを行っています。利用する人は、個人の仮想通貨保有者だけでなく、仮想通貨送金事業者やICO企業、仮想通貨交換業者、マイニング事業者等多くの事業会社に利用されているとのこと。

なるほど。ICOの企業にとっては新しい事業に対しての貸し付けはなかなか銀行ですと厳しいものがありますし、目の付け所が凄いなあと思いますね。

BlockFiはニューヨークにある企業から指示されています。同社を支持するのは、フィデリティの子会社デボンシャイア・インベスターズや、モルガン・クリーク・デジタル、ギャラクシー、Akuna Capital、CMT Digital等です。また日本の企業ではリクルートが支援を発表しています。

リクルートは、昨今、仮想通貨市場の急激な拡大に伴い、仮想通貨の保有者が増加しています。実経済においては法定通貨が必要な場面が多く、仮想通貨を法定通貨に換金するニーズも同様に高まっていますが、換金には時間がかかること、課税率の高さや換金レートの値動きに影響を受けることなどの課題が多くあります。

BlockFiは、換金ではなく仮想通貨を担保にして法定通貨を貸し付けるサービス『BlockFi(ブロックファイ)』を通じて、換金コストを最小限にとどめて、利用者の資金ニーズに低利率かつ即時に対応することを実現しています。リクルートは今回の出資を通じて、同サービスの品質向上ならびに利用拡大をサポートしていきます。同社は今回の資金調達により、商品開発や営業活動を拡充していく予定です。

と発表しています。大手の国内外の企業が支援を表明しており、今後の事業への期待がうかがえますよね。

将来的にはクレジットカードも?

BlockFiは将来的に仮想通貨クレジットカードの発行を目指しているということですが、その中身はどういう物なのでしょうか?

「航空会社のマイルの代わりに、暗号通貨を提供するクレジットカードをアメリカで提供したい」とCEOのZac Prince氏は発言しています。

ポイント等で仮想通貨が提供されて、かつ、統一することができれば、便利だなあと思います。現状、色んなポイントが散乱している状態ですもんね。

仮想通貨は弱気市場にもかかわらず、同社は月々の伸びを続けており、1000万ドル以上の融資を受けています。現在、同社は、ウォールストリートの関係を拡大しながら、仮想通貨クレジットカード製品と仮想通貨利払い預金口座をに投入する予定と発表しています。

仮想通貨を発行する等ではなく、間接的な形で仮想通貨業界との関係性を作っていくBlockFiの戦略はいわば、グレーゾーンw。

現状の投資会社、証券会社、銀行と仮想通貨業界を円滑につなぐパイプ役になるんでは無いか?とikeは思いました。こういう人(企業)がいるとスムースなんですよね。

今後、BlockFiの動きによって流れが変わるのか。注目していきたいです!

今回の記事は以上です。最後までお読みいただき有り難うございました。

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。