初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

ADA

ADAコイン アップデート カルダノ1.4 その他 ADAの情報!

投稿日:

ikeです。

今回はADAコインが早ければ本日(2018年12月18日)にもアップデートするということでその中身、また、ADAの最近の情報を記事にしたいと思います。

カルダノ1.4

今回のアップデートはカルダノ1.4といいます。

ダイダロスウォレットの大幅変更がありました。

Daedalusは、まったく新しいウォレットバックエンド実装を搭載することになりました。この実装は、Cardanoウォレットの正式仕様に基づき、信頼性とパフォーマンスを向上させ、ユーザーが以前のウォレットの実装で経験していた大多数の問題を取り除きます。 ウォレットバックエンドとの統合が完全に書き直され、Daedalusは今回、廃止予定の v0 APIではなく、Cardanoウォレット API v1を使用してバックエンドと通信しています。

(公式より引用)

詳しい改善内容としては、

いくつかのケースで、インターネット接続が失われた後、リンクが再確立された際にブロックチェーンの同期が継続されませんでした。 この問題を経験したユーザーは、 「ネットワークに接続中」というメッセージが表示され、読み込み画面でスタックしていましたが、この点が改善されたようです。

又、ダイダロスウォレットを使ったことがあるのですが、以前は起動してからウォレットが開くのに長ければ数時間かかることがありました。(パソコンの性能等によってもっとかかるケースも)

これは、ブロックが生成される毎にファイルを保存し、年間150万以上のファイルを格納する必要があったが、今回のアップデートによって、ブロックの生成毎ではなく、一定期間毎にファイルを保存するだけでよくなった。結果的に、年間格納しなければならないファイル数を150万から200程度まで一気に削減することが可能になる予定だ。

150万必要だったファイル数が200に減るというのはかなり大幅な削減です。そんなに減っちゃって大丈夫なの?と心配にすらなります。

効率的なストレージは、ウォレットの復元や、ブロックチェーン同期など、ローカルに格納されているブロックチェーンデータを扱う際のパフォーマンスを劇的に向上させることができる。そして、格納容量自体が削減されたことによって、ブロックチェーンデータを格納していたハードドライブ上の容量も効率的に運用できるようになる。

という事なので、起動時間も大幅に短縮されると予想してよさそうです。

IOHK、EMURGO、Cardano財団

2015年にCardanoは活動を開始しました。その際資金調達、開発管理、採用、コミュニティの対処などのあらゆる権限を持つ財団を立ち上げるのではなく、Cardanoの統治機能を3つの法人に分割しています。それらがIOHK、EMURGO、そしてCardano財団です。こうした権限の分散化によって、たとえ1社が撤退を余儀なくされてもCardanoプロジェクトが危機に陥ったり、閉鎖されることが内容に活動をしています。

この3つが協力し合ってADAのプロジェクトを実行していくことが大切なのですが、IOHKとEMURGO共にCardano財団に対して2年以上の間不信感を募らせていたようです。

詳しい内容は長いので割愛しますが一部報告内容として、Cardano財団の役割は、Cardanoのプロトコルを推進し、コミュニティを発展させて情報を提供し、そのニーズに応えるために設立されています。

ですが、

1. 評議会に戦略的ビジョンが不足している

財団が前述の目標や目に見える結果をいかにして達成するかを明示したKPIや公式の戦略文書がない

2. コミュニティに利益をもたらすための財団資金の使用方法に関して、明確かつ公式の計画が存在しない

3. 財団の運営に透明性が欠如している (たとえば、取締役会議事録や取締役報酬の情報公開がない 等)。

4. Cardanoの商標権所有の申し立てを含め、財団の評議会による重要な記載不備や誤った説明があった

こういった状況から先月11月13日には、カルダノ財団のCEOを務めていたMichael Parsons氏が辞任しています。

そして、以下の3名がカルダノ財団評議会に新任されています。

  • IOHKの法律顧問を務めるNathan Kaiser氏
  • Emurgoの最高投資責任者(CIO) Manmeet Singh氏
  • Du Lac Capital Ltdの運営パートナー Domino Burki氏

ニュースレターではもっと詳しい経緯がストレートな表現で発表されており、これからもっと良くしていきたいという思いが個人的には伝わってきて

好感が持てる内容でした。

ADAカード発表

メタップスの子会社、メタップスプラスとEMURGOは12月11日、韓国で仮想通貨ADAカードを共同で発表しました。

メタップスプラスについては過去に詳しく記事にしていますので、よろしければそちらもどうぞ。

ADA メタップスプラスと提携 モバイル決済が加速か?

今年の5月に提携を発表していた両社。ここにきてADAカードの発表。約半年で実行に移したカタチです。

ADAカードの公式ホームページはこちら:https://cryptocard.upxide.com/

クリプトカードという名前の様ですね。そして、日本では残念ながらまだ使えません。お隣の国、韓国でのみです。

ADA所有者の90%は日本居住者とも言われて居ますが、この現状どうしたものでしょうw。

早く日本でもこういう動きが活発になることを願っています!!

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき有り難うございました。

 

 

-ADA

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。