初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

コインベース

コインベース 勉強したらコインがもらえる? アーン? その他コインベース関連ニュース

投稿日:

ikeです。
今回はコインベースの新たなサービス コインベースアーンについて、また他にもコインベース関連のニュースがありますのでまとめて記事にしていきたいと思います。

コインベースとは?

名前こそ良く聞くコインベースですが、日本居住者は登録が出来ても実際の取引は出来ない状況の為、最近ではあまりなじみがありませんね。

公式ホームページ:https://www.coinbase.com/

公式ツイッター:https://twitter.com/coinbase

※売買には2018年12月現在アメリカのパスポート、免許証類が必要になるので、ユーザー登録はできても実際の取引が現在はできません。

・創設者はBrian Armstrong(ブライアン アームストロング氏)

・アメリカが拠点

・2012年創業(仮想通貨業界では老舗といえます)

・既に32カ国で仮想通貨取引事業を展開している世界最大級の取引所

・年内には日本にオフィスを開設する。

・モルガン・スタンレーの元インベストバンカー、北沢直氏が日本部門の最高経営責任者(CEO)に就任する。

・取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)

・取り扱い法定通貨はアメリカドル(USD)、ユーロ(EUR)、イギリスポンド(GBP)

・手数料はTaker:0.1%~0.25% Maker:0%と格安!

・利用者は1300万人

そんなコインベース、新たなサービス「コインベース アーン」??なかなかのパワーワードですよ!

コインベースアーン??

カタカナで書くとちょっと面白パワーワードなんですが、英語で表示しますと、「earn」。

コインベースは4月にEarn.comを1億ドル(約112億円)で買収しました。Earn.comはメールで届いた内容に返答したり、ちょっとした仕事を完了するとお金を稼ぐことが出来るサイトです。

日本でもちょっとしたアンケートに返答したらお小遣い程度のお金やポイントが手に入るサイトはいくつかありますので、ここはイメージしていただけると思います。

今回、コインベースユーザーは「ある資産のユーティリティーや基盤となる技術を学ぶ」ことでその資産を「少し」稼げる。まずは10月にコインベースに上場した仮想通貨0x(ZRX)でサービスを開始する。「0xプロトコルとは何か?」などをビデオを通して学び、クイズに答えることでZRXを稼げる仕組みとなっています。

今までのエアドロップですと手続きさえすればコインがもらえるという仕組み、キャンペーンはありましたが、そのlコインについて「学ぶ」事をすればコインをもらえるという仕組みはある意味利にかなっていますよね。ある程度そのコインについて知ってもらうことが出来ますし。

ちなみに仮想通貨大手であるバイナンスも同じように仮想通貨について学ぶサイトを今月立ち上げています。

今後仮想通貨業界、「学ぶ」というのが一つの流れになっていくのかもしれませんね。

コールドウォレットの更新

本日はもう一つコインベース関連のニュースが。

コインベースはコールドウォレットをアップグレードさせたと発表しました。

このプロセスを通して、同社は古いシステム(第3世代)から新しいシステム(第4世代)に、50億ドル(約5500億円)相当の暗号資産を移動したと報道されています。

新しいシステムに移行するにあたって、かなり慎重に資産を移動させないと、ハッカーやネガティブな報道で市場を混乱させる恐れがあるため、かなり慎重に実施したという事です。

今回、新たなアップグレードにより、コインベースが取引プラットフォームに資産をすばやく追加できるようになるという。同社は既に新しいシステムで取引をしていましたが、コインベース上の活動はすべて第4世代に移行する予定です。コインベースは18日、DAI、GNT、MKR、ZILの新しい資産を上場させています。

コインベースでは資産の99%がオフライン(コールドウォレット)で保管され、残りの1%のみがホットウォレット「財布」に保管されていると発表しています。

これは、かなり凄いですよね。そしてこれらは完全に保証(保険)されているという。

ここから報道でikeが注目した点ですが、

「オペレーションを日本へ移すつもりはなく、その点が金融庁との協議における課題だと指摘」

「当社はストレージを保護するためにすべてのものを用意しています...米国で。ハッキングの可能性を高めるので、動かしたいとは思わない。今日当社が米国で行っていることを、日本や他の国々で複製することは困難だろう」

つまり、日本で同じ事をしようと思ってもセキュリティ等の事情で現状ではうまくいかないと発言しています。

年内に日本進出を予定していたコインベース。ここに来て、若干トーンダウンした発言が出てきていることは若干心配ですが、

ここをクリアして、日本進出を成功してほしいものです。

今回の記事は以上です。最後までお読みいただき有り難うございました。

 

 

 

-コインベース

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。