初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類

量子コンピューター IBM 商用商品を発表 量子コンピューターとは? 調べてみました。

投稿日:

ikeです。

今回はIBMが商用量子コンピューターを発表したというニュースについて。また仮想通貨との関係性について記事にしていきたいと思います。

IBMとは?

IBMとは、IBMアメリカの大手IT企業の一つ。コンピュータ業界の世界的な巨大企業の一つで、主な事業は業務用のコンピュータや関連機器、ソフトウェア、サービスの販売など。本社はアメリカ・ニューヨーク州アーモンクで、世界170ヶ国以上に進出する多国籍企業としても知られています。

元々は大型汎用機(メインフレーム)として知られる業務用の大型コンピュータ製品で過半数を大きく超えるシェアを維持し、1980年代まで業界のトップとして走り続けていました。

その後、パソコン製品「IBM PC」シリーズで成功を収め、その仕様が業界標準として広く普及しました。ですが、パソコンの基幹部品であるCPU(マイクロプロセッサ)はIntel社に、OS(オペレーティングシステム)はMicrosoft社に握られ、また、他社の互換製品が大量に流通したことから、大型コンピュータのように市場の主導権を握ることはできませんでしたが、そのまま衰退せず、コンピュータなどハードウェアの製造・販売が主体の事業モデルから、ソフトウェアやサービスを中心とする事業へ大きく事業構造を転換し、主に大企業や官公庁へ情報システムのコンサルティングや総合的なITサービスを提供する企業として現在は大きな存在となっています。

量子コンピューターとは?

一般的なコンピューターの素子は、0か1の2値をあらわす状態でできています(ビットと言います)。パソコンの画面で0と1がズラーーーーっとならんでいる状態を見た事がある人もいるのではないでしょうか?

それとは違って、量子コンピューターの一般的な素子は、情報について「量子ビット」、重ね合わせ状態によって情報を扱う。n量子ビットがあれば、2 n の状態を同時に計算できる。量子コンピュータは古典コンピュータでは実現し得ない規模の並列コンピューティングが実現します。

まだしばらくかかるであろうといわれていた量子コンピューターですが、本日IBMが「IBM Q System One」という量子コンピューターを発表しました。

どんな形?どんな感じ?気になる方は以下の動画を見てくださいね!

1辺9フィート(約2.7m)の立方体の中に、量子コンピューターの本体が収まったケースがぶら下がっています。厚さ0.5インチ(約13mm)のガラスで囲われた箱は気密性が高く、フレームはアルミとスチール製という事で、まだまだ大きいコンピューターですが、見た目は洗練されていますね。

一部では研究やPR目的以外ではほとんど価値がないだろうともいわれていますが、今後に向けての第一歩としてはインパクトのあるニュースではないでしょうか。

量子コンピューターがスパコンでは実現できない計算性能を持つことを「量子の超越性」と呼び、当初は50年代まで実現しないとみられていた。そのスケジュールが、一気に30年以上も前倒しされた格好だ。

量子コンピューターが発達すれば仮想通貨は必要ない?

コンピューター科学の専門家によると、超強力なマシンが登場すれば、現在の暗号化技術は通用しなくなる。そうなればビットコインの技術的な土台は崩れ、仮想通貨の偉大な実験は終焉を迎えるといわれているそうです。

量子ビットが数十億に到達すると、インターネット通信に使われる暗号が解読できるようになり、そのため、暗号技術を使うビットコインなどの仮想通貨は価値を失という理由からです。

そのため、企業だけでなく各国政府も研究に巨費を投じる。欧州連合(EU)は2016年から10年間で10億ユーロ(約1330億円)の研究資金を、汎用型量子コンピューターと関連技術に投資。日本の文部科学省も18年度予算の概算要求で、汎用型量子コンピューターの開発などに32億円を要求しています。

ここまでくると量子コンピューターの未来は明るい!仮想通貨は...。と考えがちですが、

先ほどのIBMのコンピューターを見る限り、まだまだ大きいですし、実用化に向けてはもう少し時間がかかりそうです。

その間にもしかしたら共存の道があるかもしれませんし、仮想通貨を超えた、量子通貨みたいなものができているかも??

内容が少し難しいですが、こういった内容、動きがあるんだなあと知識として今は頭に入れておきたいと思います!

 

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-未分類

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。