初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

取引所

SBIバーチャル・カレンシーズ  板取引を延期 その理由は? その他SBI関連

投稿日:

ikeです。

今回はSBIバーチャル・カレンシーズ が板取引とレバレッジ取引延期したと言うニュースから、その理由やその他SBI関連のニュースを記事にしていきたいと思います。

SBIバーチャル・カレンシーズ

SBIバーチャル・カレンシーズとは、ソフトバンクグループのSBI(ソフトバンク・インベストメント)の経営する仮想通貨取引所です。

公式ホームページ:https://www.sbivc.co.jp/

今回、SBIバーチャル・カレンシーズは、取引所形式の取引(板取引)の開始を延期し、レバレッジ取引の開始を「通常国会の審議後」にする方針であることが明らかになった。

板取引とは?

板取引とは、仮想通貨取引所でよく行われている取引の手法です。

例えば、

この画像はある日のバイナンスのイーサリアム取引の画面です。

これが「売り板」「買い板」と呼ばれ、それぞれ現在いったいどの位の金額で売られているか、買われているかチェックすることが出来ます。

人気の銘柄ですと、ずっとこの数字がずらずらと変化して売買の盛んな事がうかがえます。
こういった単価を目安にして、金額を指定して購入したり、売却したり(指し値) ある程度、現在のねだんの中で早く売ってしまいたい、買ってしまいたい(成り行き注文)という購入の方法が色々あります。

こういった板取引は仮想通貨取引所ではよくありますが、SBIはこの取引を開始はしていません。そして延期したと言うことです。

もう一つ、レバレッジ取引も延期

レバレッジ取引についても同じ時期に開始する予定でした。
レバレッジ取引については、詳しく説明すると長くなってしまいますが、FX等にもよく使われる手法です。
今回は簡単にだけ説明します。

例えば、100万円分のビットコインを購入し、110万円で売却すると、通常の取引ですと購入時に100万円が必要となり、売却時に110万円が戻ってきます(通常ですと、いくらか手数料が別途かかりますが)。 しかし、仮想通貨レバレッジ取引の場合は最初に証拠金として10万円を入金し、レバレッジ10倍で取引すると、購入時の100万円が必要ありません。必要なのは証拠金の10万円だけです。そして売却時に購入時との差額10万円をプラスして受け取ることができます。

上記の例は儲かった場合で表わしていますが、逆に損した場合も同じく10倍損するので、レバレッジの倍率が上がれば上がるほど、ハイリスク・ハイリターンと言えます。

ん?と、なると、じゃあ一体、SBIバーチャルカレンシーズはどういう方法で今まで取引所として運営していたのか?気になりますよね。
それは、ズバリ、

2019年1月末まで、ビットコイン、リップル、イーサリアム、3つの銘柄について同取引所では、受取(入庫)サービスのみ可能だった。

そして、2月より、上記3銘柄の送付(出庫)サービスを開始していました。

と、言うことは取引と言うより預ける、出す。のみのサービスだったと言うことですね。取引所と言うよりはウォレットに近いですよねぇ。
そこに2019年3月より「板取引」「レバレッジ取引」もする予定だったが、それを延期したと。
ん。なぜなんでしょうか?

国会の審議後

今回SBIは、レバレッジ取引について「通常国会での証拠金倍率の規制審議を経て実装予定 」と説明。また板取引については「レバレッジ取引等規制環境の変化に即した安全性強化のためのプライベートクラウドの導入」のため、開始予定が3月から7月に延期すると発表しました。
金融庁の法案提出がこの春に予定されており、その中身を決めてからのサービス開始を決めているようですね。
確かにサービス開始してすぐに取引内容が変更されてしまうのでは、混乱を招きかねません。

この春、国会でどのような法案が出されるのか。又、それによって日本の取引所がそれぞれどんな動きをするのか。興味深くチェックしていきたいと想います!

今回の記事は以上です。最後までお読み頂き有り難うございました。

 

-取引所
-,

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。