初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

未分類 BINANCE

バイナンス 韓国進出を検討? 

投稿日:

ikeです。

今回はバイナンスが韓国進出を検討している?というニュースについて記事にしていきたいと思います。

韓国進出を検討している?

バイナンスは言わずと知れた仮想通貨業界を牽引している現在世界一といっても良い仮想通貨取引所です。
そのバイナンスのCEOである、CZは韓国ソウルで行われているカンファレンス「Deconomy」で登壇し、韓国政府による規制が緩くなれば、韓国への進出を検討する」
と発言したと報じられました。
韓国の報道をチェックしてみましょう。

取引サイトバイナンスのCZ代表が4日、「韓国の規制があまりにも強く、進出が難しい」とし「規制緩和時法人を立て税金を納付すること」と述べた。

バイナンス代表はこの日、ソウル中区グランドアンバサダーソウルホテルで記者懇談会を開き、「国別進出の鍵は、既存の制度圏の銀行との連動だが、韓国はこの部分規制が強くと進出が難しい」とし「規制が緩和された場合は進出を検討する」と明らかにした。

現在、韓国では、仮想通貨の取引のための取引口座の発行を制限している。ビッサムやアップビートなど、いくつかの取引サイト以外ウォンにコインを購入することができない状況である。

このため、バイナンスは韓国で稼いだトレードについて所得税を出していない。CZ代表は「可能であれば法人を設立して、韓国政府に税金を納付する意向がある」とし「しかし、現在では、銀行口座を作ることも難しい状況だと、本当に進出するには時間が必要なようだ」と言及した。

この報道内容を見る限りは「韓国政府の規制が緩和されたら」進出の可能性があるかも?というニュアンスですね。
韓国のカンファレンスに出席した上でのコメントですので、多少のリップサービスかな?という印象も否めませんね。

次はシンガポールに進出?

バイナンスは海外進出を活発に行っており、その選択にも注目が集まります。昨年10月よりアフリカのウガンダで開始しており、2つ目は今年1月、ジャージー島で仮想通貨と英ポンド・ユーロの取引が可能な取引所「バイナンス・ジャージー」を開設しています。

また先月、ジャオ・チャンポン(通称CZ)CEOは、アルゼンチンでも立ち上げることを示唆しています。
今年、Binanceは少なくともさらに2つ進出を予定していると報道されていますその一つがシンガポールです。次は先述の韓国が挙げられていますが、リヒテンシュタイン、アルゼンチン、ロシアおよびトルコであるという情報もあります。。この問題に詳しい情報筋によると、Binanceはバミューダをフィアットから暗号化への交換の可能性があると考えているそうです。
そんな中、シンガポールに関しては4月中に進出するとTwitterで発表しています。

分散型取引所のメインネット立ち上げ

そんな中、新たな情報も。
バイナンスは、現在テストネットで立ち上げ中の分散型取引所(DEX)のメインネット立ち上げも今月中に行うと発表しました。

バイナンスのDEXは、独自のブロックチェーンである「バイナンス・チェーン」上に作られ、バイナンスコイン(BNB)を使用。遅延(レイテンシー)時間が少なく、スループット(一定時間あたり処理できる取引数)が高い他、分散型のカストディ(保管方法)で資金を管理できるのが特徴だという。

バイナンスのDEXは、分散型取引所として「初めて成功」するかどうかが注目されています。

今までのバイナンスの歩みを見ている限り、失敗する気がしないのは私だけでしょうか?
ワクワクするような、そんな動きをバイナンスはしますよね。今後の動きにも注目していきたいと思います。

今回の記事は以上です。最後までお読み頂き有り難うございました。

 

-未分類, BINANCE

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。