初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

コインベース

Coinbase visa デビットの運用開始!

投稿日:

ikeです。

今回は、Coinbase、コインベースがVisaデビットの運用を開始したと言うことで、そのサービス内容について詳しく記事にしていきたいと思います。

コインベースとは?

名前こそ良く聞くコインベースですが、日本居住者は登録が出来ても実際の取引はまだ出来ない状況の為、日本では馴染みは無いのかも知れません。

公式ホームページ:https://www.coinbase.com/

公式ツイッター:https://twitter.com/coinbase

※売買には2019年4現在アメリカのパスポート、免許証類が必要になるので、ユーザー登録はできても実際の取引が現在はできません。

・創設者はBrian Armstrong(ブライアン アームストロング氏)

・アメリカが拠点

・2012年創業(仮想通貨業界では老舗といえます)

・既に32カ国で仮想通貨取引事業を展開している世界最大級の取引所

・2018には日本に進出を目指していたが今のところ発表なし

・モルガン・スタンレーの元インベストバンカー、北沢直氏が日本部門の最高経営責任者(CEO)に就任する。

・取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)

・取り扱い法定通貨はアメリカドル(USD)、ユーロ(EUR)、イギリスポンド(GBP)

・手数料はTaker:0.1%~0.25% Maker:0%と格安!

・利用者は1300万人とも言われている。
これだけ見ると、大きな仮想通貨取引所です。
現在、日本進出も意識しているのですが、金融庁の認可がまだ降りていない状態のようです。

そんな中、コインベースがアメリカでVisaデビットの運用を開始したというニュースが飛び込んできました!

コインベースはどう発表した?

コインベースの発表ブログを翻訳しますと以下の様になります。

英国の顧客が自分の銀行のお金と同じくらい楽に暗号を使うことができる、VisaのデビットカードであるCoinbase Cardの発売を発表することに興奮しています。

Coinbase Cardは、顧客のCoinbaseアカウントの暗号化残高を利用して、bitcoin、ethereum、litecoinなどを使用して店舗内およびオンラインで支払うことができます。顧客は世界中の何百万もの場所で自分のカードを使用して、非接触、チップ、PIN、ATMからの現金引き落としで支払いをすることができます。顧客がコインベースカードを使用すると、暗号化から即座に購入完了に使用されるGBPなどの通貨に変換されます。

顧客が支出を管理しやすくするために、Coinbase Cardアプリも起動しました。これにより、顧客は、自分のCoinbase Card支出に使用する暗号財布を選択できます。Coinbase Cardは、Coinbaseプラットフォームで売買可能なすべての暗号資産をサポートしています。つまり、ビットコインで食事の代金を支払ったり、ethereumを使用して電車の切符を払ったりできます。アプリはまた、インスタント領収書、取引概要、支出カテゴリなどを提供しています。

コインベースカードの発売を記念して、最初の1000人がウェイトリストに参加するための4.95ポンドのカード発行手数料を免除します。Coinbaseのお客様は、今日iOSおよびAndroidアプリをダウンロードして、Coinbaseアカウントに安全にリンクできます。リンクされると、コインベースで保持されている暗号残高は仮想カードを通じてすぐに使用できるようになり、その非接触コインベースカードは郵送で送付されます。

これはイギリスとEUの主要な通貨通貨交換と直接リンクする最初のデビットカードで、ユーザーは自分のコインベース口座から直接口座残高を使うことができます。

コインベースカードは現在英国でのみ利用可能ですが、今後数ヶ月で他のヨーロッパ諸国を支援する予定です。コインベースカードの詳細については、Webサイトに詳しい情報があります。このカードはPaysafe Financial Services Limitedによって発行されています。Paysafe Financial Services Limitedは、電子マネーおよび支払い手段の発行に関して、電子マネー規則2011(FRN:900015)に基づき、金融行動局によって承認されています。

現在の所、英国に限定されていますが、所有するCoinbaseの取り扱う仮想通貨をカードを通してUK内で店舗やオンラインショップで消費することができるシステムになっているそうです。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、ライトコイン(LTC)を含めるCoinbaseが取り扱うすべてのアルトコインもカード対応の仮想通貨リスト入りしています。
とは、いっても日本では進出もまだの状態なので直接的なプラス材料にはなっていません。

コインベースが日本にいつ頃進出できるのか、また、こういった大手クレジットカード会社とどの取引所が一番に提携し、発表するのか。
心待ちにしたいと思います。

 

今回の記事は以上です。最後までお読み頂き有り難うございました。

-コインベース
-,

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。