初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

ブロックチェーン

マイクロソフト Hackfest ブロックチェーン活用のインフラ基盤を開発へ

投稿日:

ikeです。

今回は日本マイクロソフトがHackfestというシステムを使って、ブロックチェーン活用インフラの基盤を開発しているというニュースについて、
詳しく記事にしていきたいと思います。

Hackfestとは

ハックフェストとは、マイクロソフトのトップエンジニアが企業ととテーマを決めて一緒に解決をしていくイベントの事をいいます。

いうなれば「担当企業向けの特別Hackathon(ハッカソン)」です。

では、もっとかみ砕いて説明をすると、ハッカソンという言葉も最近耳にするようになりました。

ハッカソン(英語: hackathon 、別名:hack day ,hackfest ,codefest )とはソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。個人ごとに作業する場合、班ごとに作業する場合、全体で一つの目標に作業する場合などがある。時にはハードウェアコンポーネントを扱うこともある。ハッカソンは1日から一週間の期間で開催することがある。いくつかのハッカソンは単に教育や社会的な目的を意図に開催する。使用に耐えるソフトウェアの開発や既存のソフトウェアを改善することを目標としている場合もある。また、使用プログラミング言語、オペレーティングシステム、アプリケーション、API、主題や参加プログラマーの人数を定める場合がある。

ハッカソンという言葉はハック(hack )とマラソン(marathon )を合わせた混成語である。この言葉はOpenBSDの開発者やサン・マイクロシステムズのマーケティングチームによってそれぞれ自主的に考えだされたと思われ、1999年から使われ始めたと言われています。

(一部wikiより引用)

マラソンの意味は分かると思いますが、ハックとは、情報システムやプログラム、ネットワークなどの動作を解析したり、独自に改造や拡張などを行うこと。
システムを解析し乗っ取る人たちをハッカーと言いますが、これはこのハックからきています。

ハック&マラソン、つまりシステムの研究や開発をマラソンのように期間を凝縮して突っ走るイベントというイメージでよろしいかと思います。

マイクロソフトは、企業向けにこのハッカソンを行っているという事です。

では、その企業とは?

Hackfest協力会社

本マイクロソフトがハッカソンを行った企業というのが、

・東日本旅客鉄道株式会社

・株式会社 JR 東日本情報システム

・みずほ情報総研株式会社

そうそうたる企業ですよね。

これらの企業と既にハッカソンをし、その結果を報告しています。以下がその内容となります。

Blockchain を活用した、サブスクリプションモデルにおける移動や各種サービス利用に関わる個人データの改ざんと漏洩防止のメカニズムを備えた新たなテスト基盤を構築しました。本実験は、オープンデータやオープン API への取り組みといった交通分野での新たな動きの中で、企業の垣根を越えた社会インフラを創出することを目指し、2019 年 1 月 21 日から 2 月 8 日までの期間に実施しました。

今回の検証では、すべての人が検索~予約~支払を一度に行え、かつ移動に関わる周辺サービスも利用できる基盤をテスト構築しました。今回、「旅行者がいつ、どの交通機関を利用したか」等の個人データの改ざんと漏洩を防止し、金融機関と接続して行う支払いの透明性を担保するために Blockchain 技術を活用しました。また、主要な運輸業者だけでなく、移動に関わる周辺サービスを提供する事業者にとって参加が容易となるようなアーキテクチャーの実装を実現しています。

社会インフラ基盤には、格納されているデータに対する高い信頼性と共に、スケーラビリティや柔軟なインテグレーション特性、および高い管理性などが要求されます。今回の検証では 4 社の技術やノウハウ、サービスを集結し 1 つのチームとして開発を行うことで、これらの要求に応える基盤を Microsoft Azure 上にテスト構築し、その有用性を確認することが出来ました。この検証結果を踏まえて、例えば将来の MaaS(Mobility as a Service)における有効活用等を検討したいと考えています。

ブロックチェーンやプログラムに強い企業が出向いて実務担当と短期集中型でやりとりをするというビジネスの形は今どきの流れだなあと感じますね。
この流れは今後一層強まるでしょうし、大学などにこういった企業が出向き、ハッカソンを行うというイベントも続々と開催されています。
今後もこういったニュースに注目して新しい動きに対してしっかりチェックしていきたいところです。

今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

-ブロックチェーン

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。