初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

取引所 コインチェック

コインチェック 記者会見 1月26日 23時半より記者会見 内容 その1

投稿日:

コインチェックのNEM流出に関して、記者会見が行われました。

現在、途中ですが、随時聞き取れた内容のみになりますが、記事にしていきます。

取締役より:本日1月26日午前3時ごろ 約5億NEM 約580億円に相当が送金されました。

11時58分残高が以上に減っていることから、ネムの取引を停止していきました。

金融庁、警視庁に報告済み

NEM財団、ネムを扱っている取引所と連携し、ネムの取引を停止するよう協力要請をしている。

 

記者:顧客に対して何か補償する考えはあるか?

取締役:流出したネムに関して、どのような補償をするか検討中、当社の財務状況を確認の上、改めて報告する。

事実関係を確認中です。

NEM以外の通貨に関して、ハッキングされたということはありません。

コールドウォレットではなく、ホットウォレットで管理(オンラインで管理)していた。

(※コールドウォレットの方がセキュリティ能力が高いといわれている)

記者:ハッキングと言う事?

取締役:外部からの不正アクセスです。

記者:ハードフォークの可能性は?

取締役:こちらでするという問題ではないので、NEM財団に話をしたが、ハードフォークは出来かねるという返答だった。

記者:取引の再開は?

取締役:安全が確認されたら再開する。

社長に代わる

社長:チームには保険会社出身の者や外部からも色々セキュリティについて協力してもらっていた。

記者:認識が甘かったのでは?

取締役:私達の出来ることはやっていたと考えている。

社長:このような事態になった事に対しては深く反省しています。

記者:顧客の資産は全額戻るのか?

社長:NEM、NEM以外も含めて現在検討中です。

取締役:仮想通貨に関しては13種類を取り扱っている。

記者:NEMの全体割合は?

取締役:現在確認中

記者:不正アクセスはどこの国?

取締役:IPアドレスを追跡し、現在調査中

記者:追跡してもどってくるのか?

取締役:現在戻ってくるかどうかはわからない。

記者:セキュリティが甘かった?

社長:セキュリティ強化の為、動いていたが、今回のケースに関しては間に合っていなかった。

記者:金融庁の認可がおりていないのは?こういったセキュリティの問題では?

取締役:認可はセキュリティの問題ではない。

ビットコインの売買は停止していないが、今後どういう流れになるかはわからない。

記者:保障の内容、どういう方法がありうるのか。取り返すのか、保障するのか。いつの時点で決めるのか?

他の通貨が保障に当てられる可能性はあるのか?(日本円も含めて)

取締役:現在検討中です。

記者:日本円もロックされているが、それだけ出金できるようにできないか?

取締役:今後そのような内容も検討中

 

 

聞き取りづらく、書き起こせない部分もあります。すみません。

続きは次の記事で

-取引所, コインチェック

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。