初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

ICO ABYSS

ABYSS いよいよ 4月16日 トークンセール! 

投稿日:

ikeです。

今回は以前にもご紹介した事のある今注目のABYSSについて記事にしたいと思います。

ABYSS ICOはオンラインゲーム等で対価として支払われるトークンの開発をすすめているICOです。

4月16日より販売開始予定です。

1 ABYSS = 0.08 USD(ただし、ETH及びBNBが使用できますが、販売予定の数日前にマーケットのレートを調べることにより変動の可能性もあるとの事)

ソフトキャップ:600万 USD(600万ドル以下ならICO中止し、返金)

ハードキャップ:4000万 USD(4000万ドルで売り切れ)

購入可能金額:0.1ETH~10ETH

48時間以内購入ですとボーナスが25%、

3-7日で15%、8-14日で10%、15-21日で5%

購入する前にしっかり調べて、買う!と決めたなら早めに購入したほうが良いですね!

 

ABYSSトークンセール参加の方はこちら

以前の記事でABYSSについて細かく調べていますので、ご興味のある方はこちらもどうぞ

↓↓↓

ABYSSとは?ICO?DAICO?事前登録開始

※記事が古いので事前登録の方法の後に色々登録が変更になっています。ご注意ください。

 

今までトークンセール開始日が何度か延期になりましたが、しっかりと延期の理由やアナウンスもありましたし、ホームページも最初の事前登録時と比べて、改良され、進化していっており、個人的にはかなり期待しているICOです。

現在、世界で人気のゲームタイトルに共通する内容。

それは「MMO」です。まだ聞いたこともない方もいらっしゃるかもしれませんが、

これは、「大規模多人数参加型ゲーム」の事をいいます。2016年の時点で全ゲームの60%がMMOだそうです。2018年はもっと増えると予想されています。今後ゲームの主流はこのMMOになると思います。

現在大ヒット中のモンスターハンターなんかもこれに当たります。オンラインでプレイ中の人とつながり、一緒にモンスターを狩りに行き、友達になったり、助け合ってレアな獲物を狩り、レアアイテムをゲットし、武器や防具や道具を作る。中毒性のあるゲームです。

他にも任天堂のスプラットゥーンもグループを作って陣取りゲーム的な遊びをします。こちらもオンラインで知ってる人や知らない人とつながってグループを作ります。

昔のように友達を家に呼び一緒にゲームをしなくてもそれぞれの家で一緒に遊べたり。

遠く離れた友達ともオンラインでつながって一緒に遊べますし、ぜんぜん見知らぬ人とも不思議な一体感や仲間意識が生まれる、そんなのが今のゲームの主流だと思います。

こういった「MMO」のしくみを大きく活用してゲームでの報酬をプレイヤーや開発者にABYSSトークンで支払う。

ABYSSトークンの活用の一部の考えですが、一番イメージしやすい部分ですよね。

ホワイトリストやショートリストもしっかりと作りこまれています。

まず購入を検討されている方はこちらも読んでおきましょう。この数ヶ月で日本語にもしっかり対応されていて、ますます読みやすくなりました。

ホワイトペーパ-

申し込みはこちら

ikeも購入を検討しており、購入後もロードマップ通りプロジェクトが進んでいるか、どの取引所に上場するか等追っかけてまた記事にしていきたいと思います!

最後までありがとうございました!

 

 

 

-ICO, ABYSS

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。