初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

INK

INKとは? Ink Labs Foundation ミートアップに参加してみました。

投稿日:

ikeです。

 

今回はINK(INK LABS FOUNDATIOIN)について記事にしたいと思います。

名前:INK(インク)

トークン金額:INK (4月11日現在1INK約6円で推移しています)

ここ3ヶ月のチャートです。

 

HP:https://ink.one/

ツイッター:https://twitter.com/inklabsfound

本拠地:シンガポール(他にも中国、日本、韓国、ヨーロッパなどにも拠点があるブロックチェーン財団)

代表:月川 雄

概要:「QTUM」のqrc20をベースに開発された知的財産を保護し、トークン化させるプラットフォーム

購入できる取引所:Lbank Bit-Z   CoinEggなど

2017年10月にICOを実施し、なんと11000BTC調達しています。

すでに公式ウォレットが出来上がっており、今月プラットフォームを立ち上げる予定という事です。

ミートアップに先日お邪魔して、この代表の月川さんのお話を聞いてきました。

知的財産、例えば音楽や本などの著作権保護をブロックチェーン上で登録できる仕組みを構築していくという事でした。

イメージしますと、例えば画家が作品を世界中で公開してそれを利用者が購入したり、クラウドファウンディングを使って投資し、発売させる。その画家の絵の著作権も保護する。そういったプラットフォームの開発を進めていくと。

現在、コピー商品なども多いですし、著作権なども作った人ではなく、別の人が登録しているという話も聞きますよね。そういった事が無いように簡単スピーディーに所有権を確定できるシステムを作っていくというお話でした。

個人的にも今後才能有るクリエイターの方々の収入や作品等を透明かつ正当な形で、しかも簡単に保護できるシステムというのは必要!広まればいいなあ!と思います。

このINK、既にICOは終了していて、上にあげた取引所で売買が可能になっています。

 

ツイッター等でエアドロップなんかもあるようですが、最近では偽サイトもあるようなので、

参加される場合は、本家サイト、ツイッターでの内容をよく読んで、ご確認ください。

ミートアップに参加させていただき、個人的な感想としては

・私自身が口座を持っていない取引所ばかりなので、もう少し他の取引所でも上場して購入しやすくしてほしい

・若い人達の感性で創られている会社だなぁ。と思いました。ミートアップも次々色んなトークンのお話が聞けたのですが、休憩なし、座りっぱなしだったので、正直少しきつかった(好きなときに出入りして良いというお話だったのですが、聞き逃したくない!と思う気持ちなのかほとんどの人が席を立つことはなかったので)

あくまでも個人的な意見です。今回初めてミートアップというものに参加して、しっかりと運営している方のお話を聞き、イメージをし、調べて、今後もどうなっていくのかという事を直接勉強させていただけたので、今後も動きをチェックしていきたいと思います!

以上Ikeでした!

 

 

-INK

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。