初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

firop Airdrop

Firop ICO 2018年12月末上場予定!今なら登録するだけでエアドロップも!造水プロジェクト

更新日:

ikeです。
今回はFiropのICOについて記事にしたいと思います。

Firopとは?

Firopはドイツフランクフルトを拠点とする造水プロジェクトです。

ICOは6月1日より開始される予定です。それに先立ち、公式サイト、エアドロップが開始されました。エアドロップは5月1日より数量限定で開始中です。

公式ホームページ:こちら

インタビューページ:Firopインタビューページ

ホワイトペーパー:https://firop-exchange.com/pdf/WP_jp.pdf

エアドロップサイトはこちら

現在、事業体や関係者への直接的な武力的強奪、ハッキングなどが頻発しています。そのため事業環境の安定が図られるまで、詳細な情報公開を控えているようです。

 

造水技術とは

そもそも造水技術とは何かと言いますと、海水や下水を淡水化する技術といえます。もちろん人々が利用できるレベルでないといけませんよね。

造水分野で最も実用化が進む技術は、逆浸透による海水淡水化技術というものですが、この技術には多くの電力エネルギーが必要で、もっと低コストで環境に見合った造水技術が求められています。

この逆浸透による海水を淡水にする技術以外には

・空気中の水蒸気から水を生み出す。

・上空で雲を誘発させ雨を降らせる。

・人工的にヒートアイランドを生み出し、対流性降雨を生み出す。

・海水に含まれる塩分分離菌による淡水化

などがあるそうです。色んな方法があるんですね。

FiropのICOプロジェクト内容は

「造水技術」という水をつくる研究や企業に限定したブロックチェーンプラットフォームの開発及び、取引所を備えた総合的なマーケットプレイス(販売所)のプロジェクトです。

現在世界中で水の危機的状況が言われています。緑が減り、砂漠化が進み、淡水、きれいな水を貯える森林や自然環境がどんどんと破壊され、

環境破壊に伴い、安心安全な水というもの今後ますます貴重なものになると考えられています。

日本でも名水の山が中国人など外国の人がどんどん土地を購入している(先行投資目的で)と言われています。

ただ、日本に住む私たちにとって、ありがたすぎる程、水は身近にあるものなので、資産という考え方にピンと来ない人もいるかもしれません。

まず、この数字を見てみてください。

・地球に存在する水の総量は14億㎦

・その14億㎦の97.5%は海水、人類が利用可能な淡水と呼ぶ水の量は僅か2.5%

・その2.5%の内、1.75%は北極や南極の氷などで存在し、0.72%は地下水として存在

・残り0.03%の内、人類が利用しやすい形で存在する量は、地球の水の総量の僅か0.01%と言われている

この数字だけで、いかに淡水というのは貴重な存在か少しお判りいただけると思います。

その僅かな量の淡水を人類は世界中で農業、酪農、工業から、生活用水に使用しています。

そして、年間使用量は人口の増加と 近代化の流れにより、この50年で2倍以上に増えているそうです。

この流れから行くと、「造水技術」というのは今後間違いなく必要になる技術であり、早急に開発を進めていかないといけない分野と考えられます。

こういった造水技術の企画や研究に直接取引所で目を通して、投資する場所を提供する、これがFiropのプロジェクトです。

電気、ガスで見ていただくと、最近ようやく自由化が進み、いろんな企業が参入するようになりました。

では、「水」はどうか。まだまだブラックボックス、特定の企業に偏っているといえます。

 

DEX分散型取引所

 

今回、Firopは取引所としても開発を進めています。もちろん内容は「造水」に絞っての事ですが。

取引所と言っても現状一番利用されている中央集権型の取引所ではなく、DEXと言われる分散型取引所の形で進めています。

これにより、取引所が倒産するといったことも、自分が取引所に預けていた資産が凍結されることもありません。

これからは、DEX型の取引所が増えていくといわれています。

過去にIDEX取引所について記事にしました。

DEXについて今回より詳しく記事にしていますので、よろしければお読みください。

IDEX取引所 開設方法 分散型取引所 DEXとは?

ICOの期間、内容等

トークンシンボル:FDP

1FDP = 0.5USD

ICO期間:2018年6月1日~2018年8月31日

ソフトキャップ:500万ドル

(※ソフトキャップ未達成の場合、すべて返却)

ハードキャップ:350,000,000,000USD(350百万USD)

販売ボーナス:6月1日~6月15日 200%

6月16日~6月30日 150%

7月1日~7月31日  50%

8月1日~8月31日  20%

早期購入者にはボーナスがあります。(ICO終了後7~10日で配布予定)

もし、購入を検討される場合は早めの購入がお得ですよね。



 

 

では、次の記事でエアドロップの方法を図解つきで記事にしたいと思います。

次の記事は下記リンクからか、firopのページからお読みください。

firop ICO 5月1日より Airdrop開始

エアドロップの量には限りがありますので、先着順となっています。もしご興味がございましたら、お早目の登録をお勧めします!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

-firop, Airdrop

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。