初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

モナコイン

モナコイン 巻き戻しとは? PoW その他のコインも

更新日:

ikeです。

今回は本日仮想通貨業界に衝撃的なニュースが入ってきました。

モナコインがマイナー(発掘者)から攻撃を受けてブロックチェーン巻き戻しが起こり、海外の取引所で約1000万円の被害がというニュース。このニュースについて記事にしたいと思います。

そもそもモナコインとは

モナコインは、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」で生まれた仮想通貨で、Litecoinをベースにした完全分散型の決済システム。巨大掲示板発祥ということもあり、コミュニティベースでの活動が活発で、ユニークなサービスが有志で開発されているほか、秋葉原を中心に一部のPCパーツショップなどの決済手段としても利用できます。国内の取引所ではzaifやビットフライヤーで購入することが出来る、いい意味でも悪い意味でも日本人に人気のある仮想通貨と言えます。

コインチェックのNEMの不正アクセスによる流出事件とはなんだか違う感じ。

マイナーってある意味「身内」と言うか。そういうイメージですもんね。身内から不届き者が現れた様な、そんな気味の悪さが残ります。

モナコインはブロックチェーンの仕組みを使っています。大量のマイナーと呼ばれる発掘する人々によって通貨のやりとりを承認し、その取引の信頼性を作るしくみ。

一番メジャーなビットコインもそうです。

巻き戻しとは?

マイナーは通常採掘していって、ブロックを発見したら報酬がもらえるため、すぐに「みーつけた!」と報告します。それを「ブロードキャスト」といいます。

今回のマイナーはブロックを見つけたのに、まだ見つけてないフリをして、そのブロックを持ったまま、分岐して掘り続けました。

そして自分のモナコインを取引所に送金しました。

そしてすぐに他のコインにチェンジし、出金しました。

そして、分岐しておいた長くなったブロックチェーンの方でようやく「みーつけた!」と報告したのです。

ブロックチェーンは「一番長く掘った人」に権利があるので、この長いブロックチェーンが正しいと承認されます。

しかし、見つけたのはもう一方の道。そっちでやりとりした先ほどの取引全部は短い事から「間違い」となり、先ほどの送金、出金、不正した流れが消えて、

長い方が「正しい」となってしまうのです!

これが、今回言われている「巻き戻し」です。ちょっと日本語にすると意味がわかりにくい感じがしますよね。

今回の攻撃は莫大なパワーを持ったマイナーが行ったのですが、、以前からPoW方式の仮想通貨では起こりうる攻撃と言われていました。

(Proof of Work=仕事量に応じて採掘量が増える方式。なので、どんどん高性能のマシン、光熱費が必要になっていく)

モナコインはハッシュレートがまだそんなに高くないの観点からも目をつけられたのか?と言われています。

(ハッシュレート=マイニングのための計算速度。人気があるとどんどん採掘する人もあつまり、ますます採掘が難しくなり、マシンのパワーも必要になります)

その他のPoWコイン

さて。モナコイン、一時大幅に下げましたが、この事件が公になって約1日。値段を戻してきました。

各取引所が承認するためのブロック数を増やしたりして、できる限りの事を講じていますが、PoWコイン自体にできることは限られていて、

今後どういう風に改善していくのかにも注目が集まっています。

モナコイン以外のPoWコインを調べてみました。

・ビットコイン

・Monero

・ZCASH

・Litecoin

これらのコインはPoW方式を採用しており、今回の事件を受けて、どのような対策を練るか、公式がどのような発表をするのかもチェックしておく必要があると思います。

今後も今回の事件の流れをチェックして、動きがありましたら記事にしていきます!

5/24追記

ビットコインゴールドが同様の手口で被害に遭い、1860万ドル(約20億円)もの損害を受けたことを発表しました。

同じくVerge(ヴァージ)が今年の4月以来の2度目の攻撃を受けました。二度目と言うことで、対応が不十分だったのではないか?とも言われています。

ビットコインが同じ手口に合うことはまず無いと言われていますが、アルトコインで今後同じような手口が続く可能性もあり、今後も注視していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

-モナコイン

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。