初心者の初心者による初心者のための仮想通貨のお話

GO! GO! Bitcoin

Hitbtc Play2live YObit

play2live 上場 yobitとHitbitc! どんなコイン? eスポーツ

投稿日:

ikeです。

今回はPlay2liveというコインが本日yobitとHitbitcに上場したので記事にしたいと思います。

Play2liveとは?

公式ホームページ:https://play2live.io/ja/

通貨単位:LUC

Play2liveはゲーマーとイースポーツファンの為のプロジェクトとホームページで伝えている通り、ゲームに特化したプロジェクトといえます。

ちなみにコインの名前、LUCは「レベルアップコイン」の略です。

予測によれば、ゲーム産業の収益は2018年までに115億ドルに達し、 2020 年までに 130 億ドルに達すると言われており、

イースポーツは特にファンも多く、賞金も高額な事から、最近では億稼ぐプロゲーマーも海外には沢山おりますし、日本の若い子達もプロゲーマーを目指している

と最近テレビでも取り上げられている事が多いのでご存じの方も多いと思います。

ike自身もプロゲーマーの存在は知っていましたし、イースポーツという言葉も耳にはしていましたが、先日たまたまTVで対戦しているのを見ますと、

思った以上にすごかった!!
スポーツとついてるけど、一人で黙々とゲームをすると勝手に思っていましたが、違っており、

チームで一緒に同じ部屋でパソコンに向かってゲームをしているのですが、かけ声やらもかなり多くチームワークがとても大切な事が少しわかりました。

子供の遊びと思っちゃいけない位の真剣さ&体育会系でした。びっくりです。

今後はVR(バーチャルリアリティ)を使ったゲームも続々と出てくるでしょうし、ゲームなのか本当に戦ってるのか、わからない世界がやってくるんでしょうね。

ファミコン世代としては、この技術の進歩はすさまじい!特にこの数年!と思っています。

Play2liveはイースポーツ、ゲームフォーカスのクリプトプロジェクトが大半を占めている間に、コンテンツ 制作に深い焦点を当て、ストリーマの実践的ニーズに対 応し、イースポツとエコシステムを提供する。

とホームページにありました。

このままではikeには理解ができませんでしたので、わかりやすくしてみましょう。

Play2liveは、イースポーツやゲームそのものに重点を置く仮想通貨のプロジェクトが大半の中、提供するコンテンツに焦点をあてて利用者のニーズに対応した

イースポーツの環境を提供していきます。

という意味だと思われます。どれだけ素晴らしいプラットフォームでもそこで使うゲームの内容が面白くなければ普及しません。

ゲーム機同士のライバル争いもよくありますが、結局ゲーム本体の質よりもそこで使える面白いソフトにユーザーは集まる。それに似ているような気がします。

play2liveは実際にゲームをする人、ゲームを見届ける人(Youtubeなどでオンラインで視聴する人々)、主催者がLUCトークンをもらえる仕組みを作りました。

海外では既に「Twitch」というゲーム実況の動画サイトが人気です。ゲーマーが自分のゲームをしているところを配信して、それをファンが視聴して少額の「寄付」をしてくれます。人気のゲーマーによってはこの収入のみで生計を立てている人もいるそうです。

日本版のサイトを見つけましたのでご興味ある方、覗いてみてください。チャットで応援したりするようですよ。

https://www.twitch.tv/twitchjp

(※ちなみにTwitchは2015年にamazonによって買収されています。こちらも興味深い動きです)

少し話がそれましたが、オンラインゲーム業界の未来はまだまだ明るいですし、ICOには参加そびれてしまいましたが、魅力的なプロジェクトだと個人的には思っています。

5月22日上場!

YobitとHitbitcに上場しました。

この二つの取引所はICOのコインが上場することが多い事から、人気があります。

この両方の取引所の開設方法、以前に記事にしていますので、よろしければそちらの記事もお読みください。

Hitbitc開設方法

yobit開設方法

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

-Hitbtc, Play2live, YObit

Copyright© GO! GO! Bitcoin , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。